腕・肩をグルグル回すだけ!たったこれだけで良いことだらけでした~肩こり解消・ダイエットなど~


△腕を回すと良いことだらけ

①肩こり解消

日常生活で肩を回すという動作はしないので、
年齢とともにどんどん硬くなっていってしま
います。

【1】立った状態で足を肩幅に開き、つま先を外側に向けます(腰痛のある人は腰に負担がかかる可能性があるため、足の開き幅を小さくしてください)。

【2】手のひらを下にして広げ、手首をいっぱいまで反らします。

【3】両腕を真横に上げ、肩より高く、そしてさらに背中側に持っていきます。

【4】両腕を前に回します(40回)。

【5】手のひらを上に向けるように腕を反らして、今度は後ろに回します(40回)。

②シェイプアップ

準備運動などでやることの多い、回す動作。この単純で馴染みのある動きは、実はシェイプアップにかなり効果的な動作なのです。この動きによって、普段あまり使わない筋肉を使うことができます。そのため、毎日続けることで筋肉をまんべんなく鍛え、スッキリと引き締めることもできるのです。

1. 両腕をまっすぐに前に出し、手の平まで伸ばす。
2. そのまま右回り20回、左回り20回、腕全体を回す。

③代謝アップ

仕事の疲れや運動不足、姿勢の悪さなどにより肩甲骨周辺の筋肉は凝り固まってしまい代謝が落ちてしまいます。そこで、肩甲骨をほぐすエクササイズやストレッチを行えば、内臓機能が活発になり、代謝がアップし痩せやすくなるのです。また、副交感神経を刺激されるため食欲抑制効果も期待できます。

④ダイエット

肩にある肩甲骨周辺には褐色脂肪細胞というものがあり、刺激されると活性化して、体温維持と脂肪燃焼を促進してくれるそうです。なので、肩を回すことは効果的なダイエットと言えます。

肩の肩甲骨の周りには
褐色脂肪細胞というものが
たくさんあります。

じつはこの細胞は、
刺激されると活性化して
脂肪燃焼を促進してくれます。

⑤バストアップ(熊田曜子もやっているらしい)

ある時、テレビで腕回し
運動が胸が大きくなるというのを見て、

大きな胸に憧れていたこともあり、
毎日腕回し運動を
200回位続けられたそうです。

その努力が功を成したのか
今ではメリハリのあるグラマラスな
体型を維持されています。

なんと昔は胸が小さかったという熊田曜子さんはたまたまテレビで見たこのエクササイズを取り入れてからFカップになったそう。驚くべき効果…!

⑥血行が良くなり冷え性解消

肩甲骨には大きな筋肉がたくさんつながっている場所なのですが、肩甲骨を動かさないと筋肉が凝り固まってしまい、血流が悪くなってしまいます。

血流が滞ると手足などの末端に血液が行き届かなくなり、その結果、冷えを感じる『冷え性』になってしまうのだそうです。

自分の体をグルグルと回すとスッキリしますよね。

例えば肩や手首や足首、コリがほぐれて血行が良くなります。

首や腰をグルグルと回すのもおすすめです。

⑦リフレッシュ

仕事に夢中になっていて、気が付くと肩がバリバリに凝っていた。そんなことありませんか。肩こりがひどくなると、頭痛や腰痛など他の痛みも引き起こします。

ちょっと体が強ばってきたなと感じたら、早めにリフレッシュしましょう。

両手をまっすぐ前に伸ばして立ちます。背中も丸めずに背筋を伸ばして下さい。
クロールを泳ぐ時のように片方の手を前に回します。
もう片方の手は反対に後ろに回します。

5回ほど回したら、手の回す方向を入れ替えて5回転します。