ダイエットするなら「腹持ちがいい」豆乳バナナがいいらしい!


どんなダイエット?

豆乳とバナナ、どちらも豊富栄養で、ダイエット効果が期待できる食材です。

この豆乳とバナナを一緒に摂取することで驚くべきダイエット効果が得られます。

方法もとっても簡単!1日1~2回食事の前に豆乳バナナを飲むだけ。

「豆乳×バナナ」のメリットがすごいんです!!

1.腹持ちが良いから負担にならない!

豆乳バナナのメリットに、空腹感を感じにくいということが挙げられます。

大豆たんぱくは、体の中でゆっくりと吸収・分解されるので、お腹がいっぱいになりやすく、バナナはアスリートの栄養補給にも使用される栄養豊富な食材です。

2.カロリーが低いから安心♪

豆乳は200mlあたり128カロリー、バナナは1本の可食部(100~150g)は86~129kcalです。

豆乳とバナナを摂取することで、低カロリーでありながら、美容や健康にも効果的なビタミンやミネラルを豊富に摂取できます。

3.脂肪の燃焼を促進!

大豆に含まれている大豆ペプチドは、アミノ酸がいくつかくっついた状態のものであり、たんぱく質を分解するときに作られます。

アミノ酸には、脂肪の分解を促す働きがあり、脂肪を燃えやすい状態にする効果があります。

4.基礎代謝アップ!

たんぱく質は筋肉をつくる栄養素で、不足すると、筋肉が落ちて基礎代謝が低下します。

豆乳バナナを飲みながらダイエットをすることにより、良質なたんぱく質を摂取でき、筋肉を落とさずに脂肪だけを落とすことが可能になるのです。

豆乳バナナの作り方

豆乳の量が多いとサラっとしたジュースになり、バナナの分量が多い場合にはドロっとしたジュースになります。豆乳の量は、好みに合わせて調節しましょう。

また、はちみつや黒ゴマ(黒すりごま)シナモン、きなこは栄養価が高く、豆乳バナナとの相性が良いので、気分に合わせてプラスするのも良いでしょう。

豆乳バナナダイエットの注意点

豆乳バナナは、健康や美容、ダイエットに効果的な栄養素をしっかり摂取できますが、低カロリーであっても、ノンカロリーというわけではありません。

食事で多くのカロリーを摂取していては太る原因になってしまいます。

豆乳バナナを摂取しながら、食事を腹八分目にして、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。