この夏、干し芋ダイエットがあなたの救世主になる!


なんたって栄養豊富!

干し芋に豊富に含まれている栄養素は、 カリウム、ビタミンB1、ビタミンC、鉄分、食物繊維、ヤラピン です。

ヤラピン???

ダイエット中のイライラなし!

重要ポイントかも。

干し芋の甘みは自然な甘みですから、甘いものを食べてしまったという罪悪感に悩まされることもありません。

さつまいもにしか含まれない「ヤラピン」。さつまいもを輪切りにすると、白い乳液上の成分が染み出すことがありませんか? 実はこれがヤラピン。胃の粘膜を保護したり、腸のぜん動を促進してくれるそう。便を柔らかくする作用もあるので、食物繊維とヤラピンのダブルの効果が便秘に働きかけているようです。

食物繊維が豊富だからお通じに期待!

干し芋の食物繊維はなんと、ご飯の20倍、豊富に含まれる食物繊維が、急激な血糖値の上昇を防ぎ、カロリーの排出や吸収の抑制に役立ちます。

さつまいもを焼き芋やその他のメニューではなく、干し芋として食べることの最大のメリットは食物繊維の多さです!!
干し芋100gあたり、食物繊維は約6g含まれています。これは成人女性が1日に必要な量の3分の1です。また、焼き芋として食べた場合の約2倍の量です。

不溶性食物繊維は水分を含んで膨らみ便通良くします。また、これらの食物繊維を多く含む食品は良く噛んで食べなくてはならないものが多く、満腹感が得られるので食べ過ぎを防止できます。しかし、水を合わせて飲まないと便秘になってしまうので、干し芋を食べる時には水分も一緒に摂ることを忘れないで下さい。そして、もしすでに便秘の状態ならば干し芋ダイエット前に解消しておくことをお勧めします。

でも高カロリーだよ?

確かに甘いけど・・・

干し芋に含まれるカロリーは100gあたり約303kcalです。

でも干し芋は消化吸収が穏やかに進むので、摂取した糖質による血糖値の急上昇は無く、太りにくい食べ物と言えます。
また食物繊維が豊富なので、少しの量でも満腹感が得られやすいです。
そして、ケーキやクッキーなどのスイーツと比べて、美容に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。
さらに、脂肪分ほとんどありません。

おやつ代わりに2枚。

少量でOKだからカロリーは気にならない!

体に優しいダイエットです。

干し芋はダイエットに向いている食材の1つです。
理由として
・適度に硬いため、噛むことによって満腹中枢が満たされる
・食物繊維が多く、脂肪がつきにくくなる
・自然な甘さ
・低GIなので血糖値の上昇を抑え脂肪がつきにくくなる
以上があげられます。