食べるだけダイエット?〝脂肪燃焼スープ〟でデトックス効果も?!


●食べれば食べるほど体重が落ちる?

脂肪燃焼スープのダイエット効果のメカニズムを探ってみると、なんと食べれば食べるほど体重が落ちるというミラクルなスープだったのです。

●脂肪燃焼スープとは?

基本的な脂肪燃焼スープとは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜を、コンブ、かつお節、鶏がらの3種のだしで煮て、最後に天然塩とショウガを入れて味付けしたものです。

このスープでなぜ痩せられるかというと、まず体内の毒素が体外へ排出されて代謝を促し、痩せやすい体質へと改善してくれるからです。

このスープには脂肪分や体に害になる成分は全く含まれていません。

●脂肪燃焼スープの食べ方

低カロリーなのに満足感が高いので、夕食は普段よりぐっと量が減ります。推奨されるのは夕食ですが、難しい日は朝食・昼食でもOKです。

一番大事なのは、毎日続けること。毎日では飽きてしまうという人も、ポン酢や柚子胡椒、唐辛子や味噌など味付けに変化をつけてみると、いつもおいしく食べられます。

お腹がいっぱいになるまで食べても大丈夫です。ダイエットを強く意識している人であれば、一食置き換えダイエットも可能です。

●脂肪燃焼スープの効果は?


Photo by Stockbyte / Stockbyte

イメージ

1.お通じが良くなる

食べ始めて数日後、驚くほど便通がよくなるとか。それは体内の毒素が排出されている証拠。腸がキレイになれば、血液もキレイになり、全身の細胞が活性化されます。

2.デトックス効果

複数の野菜が濃縮され、野菜パワーで体内毒素を排出=デトックス効果あり、内側からキレイにしてくれます。

●注意点

スープの味付けが濃かったり
早食いをしてしまうと逆に浮腫みなどが生じたりする場合があるので
普段の食事に追加する場合は味付けには要注意です。

この脂肪燃焼スープには、筋肉を作り出すために必要な栄養素であるタンパク質が不足しているのです。

煮豆や豆腐、納豆などの豆類や脂肪分の少ない鶏ささみなどを、意識して食べるようにしましょう。

●脂肪燃焼スープの作り方

1.材料