身体が太ったというよりたるんでる?30代から改善するボディーメイク術とは?


太ったといえば太ったかもしれないが、それよりも、たるんだ?

若いころから体質的に太りにくく、特に運動をせずともスタイルを保てた。
ところが、30代になると段々と太りやすくなったように感じ、体重に対した変化がないとはいえ、妙に下半身が太ったように感じる。

更に、ウエスト・太もも周り・お尻のサイズが明らかに大きくなっただけではない。

そんな風に感じたことはありませんか?
ほとんどの人が、こういったことを体感しているはずなのです。
トレーニングをしていなければ。

そこで、30代から発生する体のたるみと改善方法をまとめてみました。

身体がたるむ原因とは?

お腹がたるむ原因はいつくかありますが、年齢を重ねてお腹がたるむのは筋肉が減ることによって体がたるむことが一因です。
ひとつひとつの脂肪細胞が大きくなってくると、コラーゲンなどの繊維束が脂肪を抑えきれずに重みで脂肪の層がたるむようになります。

たるむ原因の大きな要因は、筋肉が減るということなのだそうです。

加齢に伴いどうしても筋肉は落ちてしまいますが、運動量が減る一方です。
その結果、より顕著にその状況がお腹やお尻などにたるみとして表れてしまうのです。

たるんでしまったお腹を解消するなら「筋トレ」しかない!

効率が良い筋トレ方法は面積の大きい筋肉を鍛えることで、少ない時間で代謝量を増やす事が出来ます。

「胸の筋肉」「お腹の筋肉」「背中の筋肉」「太ももの筋肉」などの比較的面積が大きい筋肉を鍛える事が、短時間での効率が良い筋トレ方法だといえます。

筋トレというと、非常につらいく長続きしないという感じがしますが、やらなければたるむ一方であり、挙句に加齢に伴い代謝がどんどん落ちるため太りやすくなってしまいます。

体質改善をするならば、今しかないのです!

胸の筋肉の鍛え方

自宅でできる胸筋のトレーニングとしては、道具なしでできる初心者向け自重トレーニングと気軽に購入できる器具での中級者むけダンベルトレーニングの2パターンです。もちろん、自重トレーニングだけでも一定の効果は得られますが、より効果を得たい場合は、若干の器具が必要となります。

出典https://jooy.jp/5248

筋トレの中でも胸の筋肉を鍛えるのが、一番つらいかもしれません。
道具なしで行うトレーニングもありますが、できればダンベルなどを使ったほうがいいでしょう。ただ、いきなりやると怪我につながる可能性が高いため、最後の方にしたほうがいいかも。

お腹の筋肉の鍛え方

腰を痛めやすい通常の腹筋とは違い、こちらは初心者でもやりやすい腹筋トレーニングです。コツは、腕を90度にまげ、腰を浮かしたときにお尻をあげすぎないように床と平行に保つ!
とてもきついですが、ゆっくりと30秒間を3セット毎日行うといいでしょう。

行う前に必ずストレッチをしてください。
足、つります…。

背中の筋肉の鍛え方

一見地味に見える動きですが、キツイ!
かなりきついですが、背中の筋肉は意外と盲点です。
隠れ猫背の人は、ポッコリお腹の原因でもありますので、しっかりと背中を鍛えましょう。

腹筋よりも、まず背中のほうがいいかも!

太ももの鍛え方

個人的な感想ではありますが、これは効果がありました。
ただ、思った以上につらいしキツイし、1分続けるのも大変です。
激しくやる運動とは違いますが、スローな動きでゆっくりと足を開いたり閉じたり、ひねったりという動きをすることで負荷が掛けられます。

画像のようにテレビを見ながらしても、続けられないので短時間で1日に何セットもやったほうがうち太ももが細くなりました。

正し継続が重要なポイントです。(サボったら戻ります…)