秋冬に試したい!1缶で食べ過ぎを防いでくれる【サバ缶ダイエット】とは?


▼サバ缶で痩せるメカニズム

テレビの影響で一時期サバ缶が店頭から消えたり、購入制限が出る店舗もあったほどのようですが最近はちょっと鎮静化。
ブームも収まった所で、食べすぎの秋~冬にかけてダイエット!
中々痩せない…や、魚を食べる機会が少ない人は缶詰なら手軽に食べられるのでおススメ。

サバに含まれる不飽和脂肪酸「EPA」が、食欲抑制効果や、糖質が腸で緩やかに吸収される働きを持ち、血糖値を下げる「GLP-1」というホルモンの分泌を促進させる

脂肪の燃焼を促進したり、基礎代謝を上げたりと直接ダイエットに繋がるというわけではありません。

▼GLP-1とは?


Photo by Creatas Images / Creatas

よく少しの量で満腹になる人と、たくさん食べても満腹感が得られない人がいるのは、このGLP-1等の痩せホルモンのバランスに違いがあるからだそうです。
少しの量しか食べていないのに、中々痩せないという人はこの痩せるホルモン量が少ないのかも…?

GLP-1の分泌量が多い人は太らず、少ない人は太ってるし痩せられない

「GLP―1」は必要以上の食べ過ぎを抑えて、糖分が腸で緩やかに吸収される働きを持つ「やせるホルモン」であり、小腸を刺激する食べ物を摂ることによって分泌が促進する

余分な糖が腸で緩やかに吸収されるのを助け、食後の血糖値の急上昇を抑える作用や、胃の内容物の排出を遅らせることで満腹感を高め、食欲を抑える作用などがある

やせるホルモンのGLP-1には、インシュリン生成効果、食欲抑制効果、胃の食物排出遅延効果などがあると言われています。糖尿病の治療にも使われているようです。

▼小腸で、痩せホルモンGLP-1を促進させるカギ

1日に18グラムぐらいをとることをおすすめ

レタスなら4個半、きゅうりなら18本。これを1日で食べるのはかなり大変…

アボカドなどの野菜や海藻類、きのこ類、バナナなどは食物繊維が豊富な食べ物

アボカドの食物繊維量は、1個で約8g。ただアボカドは、高カロリー食材なのでダイエットをする場合は量に気をつけたいところ…

EPA(エイコサペンタエン酸)とは、健康維持に欠かせない「必須脂肪酸」の一つ。体内ではほとんど作ることができないため、食事などから必要量を補う必要がある。

血液中の中性脂肪を減らすほか、血液中の総コレステロールを抑え、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増加させて動脈硬化を防ぐはたらきが知られている

▼サバ缶ダイエットのやり方

水煮(みずに)というのは、食材の保存や、下ごしらえに、水や塩水で煮る加工のこと

味噌煮や醤油煮など、味付けされたものは、調理過程で糖分が多くなり、カロリーも高くなる。一方、水煮の場合、水や塩水を加工時に使うだけなので、糖分が増えることもありません。

▼サバ缶を使ったレシピ集

【材料】
4人前(1人前約57円)
さば水煮缶・・・1缶
醤油・・・大さじ1/2
みりん・・・大さじ1/2
炒り卵・・・卵2個分
ピーマン・・・2個
塩コショウ・・・少々
ごはん・・・適量

【作り方】
http://goo.gl/lhly1Y

出典goo.gl

【材料】
スパゲティ 70~100g
さば缶詰(味付) 1/2缶
キャベツ 葉2~3枚
塩・こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1
にんにく 1かけ

【作り方】
http://goo.gl/rD1wvY