残念ながらグルテンフリーダイエットは科学的根拠のない誤解らしい


誤解の根源

「ダイエット」という英語と日本語の意味の違いからも誤解が生まれています。日本語では「ダイエット」は「減量」という意味で認識されがちですが、本来英語では「ダイエット」は「食」という意味です。つまり、「グルテンフリーダイエット」は日本語に訳すと「グルテン除去食」になります。「グルテン除去による減量」ではないのです。

グルテンフリーダイエットとは?

人気のグルテンフリーダイエットはどのようなことをするのかというと、一言でいうとグルテンを食べないようにする方法になります。
とても簡単ですね。日本ではまだそれほど浸透していませんが、欧米では健康志向の多くの人から支持されているダイエット方法です。
実はこのグルテンを食べないようにするだけで、キレイな体型になってくれるダイエット方法なのです。

グルテン?

そもそもグルテンとは何でしょうか。グルテンとは、小麦、ライ麦、大麦などに含まれている植物性のタンパク質です。日本でも「強力粉」「中力粉」「薄力粉」とありますが、強力粉が一番グルテンの含有量が多く、薄力粉が一番少ないです。グルテンは粘りがあるので、パンやピザの生地作りにはその含有量が多い強力粉が向いており、逆にきめ細かくサックリと仕上げたい洋菓子などにはグルテン含有量が少ない薄力粉が向いています。うどんやラーメンの麺では中力粉が使われることが多いです。ちなみに、お麩は小麦グルテンそのものです。

誤解?でも成功したよ

グルテンフリーで減量に成功したという体験談も、グルテンを摂らないように小麦製品を避けることによって炭水化物の摂取量が減り、その結果糖質や摂取カロリーが落ちたので減量に繋がったという可能性も否めません。

世界ランキング1位

まずこれ・・・注目されるようになったきっかけですが、
テニスのジョコビッチ選手がグルテンフリー食を実践して
試合に勝てるようになったことだと言われていますね。

誤解されている!

まずは正しく知りましょう

ジョコビッチ選手がグルテンフリー食を実践したのは、
体質的にグルテンを受け付けなかったからです。
グルテンを食べると腸が炎症を起こしてしまうという自己免疫疾患、
いわば病気でグルテンが食べられなかったというわけです。

ジョコビッチ選手はグルテンを食べてはいけない病気だから
グルテンフリー食によって調子がよくなった

グルテン除去食は、グルテンを食べると体調が悪くなってしまう特定の体質の人たちに向けに作られたものです。つまり、グルテンフリーは健康に良いからという理由ではなくて、 そもそも食べることができない人たち向けの食品ということなのです。

更なる誤解

グルテンはタンパク質だから血糖値を上げる、だから太るんだって、
そういう説明も見かけます。
いやいや、血糖値を上げるのは主に糖質ですよ。
グルテンフリーダイエットのために小麦を使った食品は避けましょうとか、
それって糖質を避けてるから痩せるんですよ。
グルテンを食べなければ痩せるわけじゃありません。

残念ながら・・・

認めたくないかもしれませんが・・・

健康上の利点があるかということも実証されていませんし、ましてや減量効果があるということも科学的には報告されていません。