忙しい人必見〜時短美容法で余裕を持とう!

Sponsored Links

この記事は私がまとめました

akitokineさん

スキンケアの基本は、化粧水→美容液→乳液やクリーム。でも時間がないときには、少しでも簡単なケアをしたいですよね。かといって化粧水だけでは、何だか保湿力に欠けそうな気がしませんか?そこで、化粧水にオイルを混ぜてスキンケアの時間を短縮しちゃいましょう。オイルは、ホホバオイルやセサミオイルなどの美容オイルがおすすめです。
もしスキマ時間があるときなどには、洗顔後にシートマスクをつけて、その上から温かいスチームを浴びれば血行が良くなって美容成分が肌により行き届くでしょう。

洗顔の後に化粧水と乳液をつけてスキンケアを行います。化粧水がしっかりと浸透していないとメイク後に乾燥やかさつきが出てしまうし、乳液もしっかりとつけていたら乳液の浸透まで意外に時間がかかってしまいます。
その工程をシートパック1つに変えてみましょう。

「朝からシートパック?」と思うかもしれませんが、べたつきが残ることもないですし、化粧水や乳液をつけている時間より意外に時間がかかりません。シートパックの場合、貼って10分程度そのままにしておくんですが、その間は他の作業もできるのでかなり時短になります。

寝ている間に土台を整えておくことも大切。

たとえば、乾燥しやすい口元や唇に美容液やリップクリームをたっぷり塗ってマスクを着けて寝ると、翌朝にはしっとり潤ってベースメイクやリップメイクがばっちりキマります。また、洗い流さないトリートメントを髪になじませて寝れば、クセもつきにくく、スタイリング時もぐっとまとまりやすくなりますよ。

家事や仕事、育児に介護に……と多忙な女性ほど、「乾燥は気になっているけれど、特別なケアをする時間はつくれない……!」と、痛感していらっしゃるかもしれません。

そんな方に試していただきたいのが、バスタイムを活用した潤いケア。
洗顔後の肌に、たっぷりのオールインワンジェルを塗って、あとはいつも通りに湯船に浸かるだけのお手軽な時短美容です。

ドライヤーは「髪の毛を乾かす」だけでなく、温風と冷風を上手に使い分けることで朝のキレイを簡単に作れる優秀アイテムです。
メイク前に化粧水をつけた時に冷風をあてて肌を冷やすことで毛穴を小さくし、引き締めることができます。乳液をつけた後、下地をつけた後、ファンデーションをつけてから、それぞれの段階で冷風をかけて顔を冷やすことでメイクが肌にしっかりつくのです。

歯磨きをしている間、姿勢を正してお尻の穴を締めるだけ!3分間は行いましょう。骨盤底筋群を鍛えると、ぽっこり下腹や冷え症、尿漏れや頻尿の解消になります。もちろん、きゅっとしまったキレイなお尻にもなれちゃいますよ(^O^)

忙しい毎日を送っている人は時短美容法で時間に余裕を持ってみましょう。
時間に余裕ができれば心にも余裕が生まれますよ♡

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る