普段の飲み物を「水」に変えるだけで改善される5つのこと

Sponsored Links

この記事は私がまとめました

水には軟水と硬水があります。これは硬度の違いを表しています。 硬度とは1リットルあたりの水に含まれるマグネシウムとカルシウムの量です。

InnocentBlueさん

・「ソフトドリンク」ではダメ! 水を飲もう!

コーヒーやお酒などで十分だと感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、アルコールやカフェインは利尿効果によって体外へ排出されやすく、また脱水の原因にもなりますので水分不足に陥っている可能性があります。

1.ニキビが治る!

普段ジュースを飲んでいる方は水(ミネラルウォーター)に切り替えてみてください。

『水を飲めばニキビが治る』、『水を飲めば肌がキレイになる』

というのは、もしかしたらジュース⇒水にすることで得られる効果なのかもしれません

2.だるさを軽減する

体重の1~2パーセントほどの軽い脱水状態でも、体力は低下し、疲れを感じます。「のどが渇いた」と思ったときには既に脱水状態に陥っているので注意が必要。また、脱水状態は疲労、筋力の低下、めまいおよび他の兆候に結びつくこともあります。

体がへろへろになるのを防ぐ

3.デトックス効果がある

リンパの流れ改善効果
水分不足による頭痛の緩和。
水分不足による疲労回復や体力向上

デトックス効果(体外に尿といっしょに老廃物が排泄)

4.ダイエット効果

体内に水が入ると血液の流れが良くなるので体温が上がります。体温が上がるということは、代謝も上がることに繋がります。代謝が上がれば、体内のエネルギー消費量も高まるのでダイエット効果が期待できます。

ダイエット効果

5.風邪予防

お水を飲むことで基礎代謝が上がる。基礎代謝が上がると体温が上がる。体温が上がれば免疫力が上がる。結果的に風邪等の予防に繋がる。

風邪予防

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る