トレーニー必見!クレアチンの効果


クレアチンとは

クレアチンは私たちの筋肉の中に存在しており,
肉や魚等の食品にも含まれています.

クレアチンはアミノ酸の一種で、体内で合成され、大部分がクレアチンリン酸として筋肉に存在している。

クレアチンは筋肉量を増やし筋力をアップしたり、瞬発力をつけたりするたんぱく質の一種

サプリメントメーカーDNSによるデータでは近年のオリンピックメダリストの75%が使用している

クレアチンの効果

筋肉痛がつらい… なかなか挙重量が上がらない…
そんな方に嬉しい効果!

筋力を発揮しやすくなったり、筋力の持続時間が長くなる、筋肉が太くなりやすくなるといった効果があります。

筋肉が収縮する際にエネルギーとなるATPの再生に使用される。俗に、「持久力を高める」、「疲労を回復する」などといわれている。

クレアチンは回復力アップ(抗炎症作用)も期待 できる。これによって筋トレ後の超回復が早まれば、筋トレ⇒回復⇒筋トレのサイクルを加速 できる。

クレアチンを摂ることによって筋肉量が増えて筋力がアップしたり、筋力の持続時間が長くなったり、瞬発力がついたりする効果があります。

実際に私も使用してから1週間以内で,
「筋肉痛の軽減」と「挙重量の増加(10%~20%程度)」を実感しました.

クレアチンは摂取してから効果が現れるまでが早いです!

サプリメントというのは一般的に「飲んだらすぐに効果が出る」ものではないと思うのですが、クレアチンだけは別!という意見を非常によく聞きます。

クレアチンの効果が絶大だったので水に溶けないのは許すことにしました。

クレアチンを摂り始めた。
数ヶ月ぶりだ。
早くも効果が出始めてきたような気がする。

クレアチン飲んでから3週間目かなり効果出てきた
クレアチン恐るべし

クレアチン早くも効果感じてます。

クレアチンの摂取方法

クレアチンの摂取法にはローディングという方法があります.
筋肉の中にクレアチンを蓄積した後,それが減らないように維持していきます.

必ずしもローディング期を設ける必要は無く,
毎日3g程度の摂取でも約1ヶ月後にはクレアチンレベルが最大になるという研究報告もあります.

体重によって個人差はありますが,ローディング期はスプーン1杯(4~5g)を食後3回と寝る前に1杯とるといいでしょう.

クレアチンを飲み始める時は筋肉の中のクレアチン量を満タンにするために、4,5日~1週間の間だけ通常量の4倍のクレアチンを飲みます。

一般的には「5g×4回×5日」といった方法で行う方が多いと思いますが、もうひとつの方法として、「2.5g×8回×5日」に分けることで吸収効率を上げる方法もあります。

摂取しながら,自分にとって最も効果的な摂取の仕方を見つけましょう.

クレアチンは、インスリンの働きによって細胞内に取り込まれます。そのインスリンは、糖質を摂取することによって分泌されるホルモンの一種。ですから、食事で糖質をしっかり摂取し、インスリンが分泌されているタイミングで飲むほうが、吸収率を高めることができるのです。

筋トレをした後プロテインを飲み,おにぎり等の炭水化物を摂取してクレアチンを摂取するのがオススメです!

ローディング期を終えると1日スプーン1杯(5g)を摂取するようにします.
これによって長期的に効果を持続できます.
また,摂取しない時期ができると再度ローディング期に入り,クレアチンを体内に蓄積します.

注意事項

効果の高いクレアチンですが,副作用等はないのでしょうか.

長期的クレアチンサプリメントの摂取が腎臓に有害であるという科学的根拠は皆無です。