蓄積すると認知症やガンになる?…睡眠負債がヤバい!貯めない習慣


この二日酔い&睡眠不足感、絶対に響くような気がする……

暑くて睡眠不足なのかわからんが眠い。

一週間で今日が一番しんどいな
睡眠不足がピークだ

睡眠負債とは

わずかな睡眠不足が、まるで借金のようにじわじわ積み重なる「睡眠負債」。命にかかわる病気のリスクを高め、日々の生活の質を下げていることが明らかになった。

1日6時間程度ねむり、自分では睡眠に問題はないと思っている人でも、実はわずかに睡眠が足りておらず、その影響がまるで借金(負債)のように蓄積することがわかってきました。

日本人の睡眠負債は4割

布団に入っている=実際に眠っている時間ではない

布団に入ったのに眠れない、時計を見るともう1時間以上もこんな状態

そのままにしていて大丈夫?

「明日も仕事があるから眠らなきゃいけないのに」「今眠っておかないと明日がつらいのに」と、焦りは次第に増していき、ついには眠れないこと自体に意識が集中してしまいます。

眠らなければと思えば思うほど意識はハッキリして、イライラが募って脳は興奮状態に陥ってしまうのです。

「睡眠負債」は気づきにくい

一般的に6~7時間と言われますが、これはあくまで平均値です。睡眠は個人差がありますから、3時間で十分な人もいるし、10時間寝ないといけない人もいます。

睡眠負債は少しずつ蓄積していくので、普段生活をしているとその存在に気付きにくいという特徴があります。

起きてから4時間後に眠気があるかどうか?

企業向けの睡眠研修で私がよく言うのは、「自分の適性睡眠時間を知る目安は、起きてから4時間後に眠気があるかどうかです」

起きてから4時間後は人間の脳が最も活性化して、集中力が高くなる時間なので、もしその時間に眠気があるとすれば、必然的に睡眠が足りないということになります。

最適な睡眠時間を知る

最適な睡眠時間を知るには、対象者に『10時間でも12時間でも、眠りたいだけ寝て』と指示し、それをある程度続けてもらいます。

すると、必要なだけ眠って目が覚めるようになる。それが7時間とか8時間とかであれば、それがその人に適した睡眠時間なのです

睡眠負債が溜まると命に関わる

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る