「牛乳」で基礎代謝UP!?ダイエット効果を狙う飲み方と注意点


牛乳ってカロリー気になる…

牛乳に含まれているタンパク質は、筋肉の成長を助け、体の基礎代謝アップにつなげてくれます

代謝UPに有効な理由とは

牛乳にはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸などビタミンB群が豊富に含まれています。

これらは、体に入り込んでしまった、糖質・脂質などを分解し、排出させる働きを活性化してくれます。食べ過ぎてしまったと感じたら、食後に牛乳をプラスするといいかもしれません

B1、B2、B6はそれぞれ脂肪やたんぱく質、炭水化物の代謝に効果的です。これらを積極的に取り入れることで、基礎代謝が上がりやすくなると言えます。

そもそも脂肪が増える原因は?

成人以降は加齢と共に筋肉が落ちて基礎代謝量(生命の維持に必要なエネルギー)が少なくなるので、体脂肪がたまりやすくなります。

「血糖値の上昇」により、インシュリンが分泌され、
それが引き金となり、脂肪が増えるのだそう

フランス人がよく食べる、クロワッサン、りんご、イチゴ、
チーズ、肉、魚、牛乳、トマト、などなど、、、

これらはいずれも、血糖値の上昇が低いとのこと

基礎代謝を上げること、食品を選ぶこと。

飲むタイミングが大切

●食前=脂肪吸収の抑制

●寝る前=リラックス

寝る前に飲むことで、質の良い睡眠が得られ、成長ホルモン(別名「痩せホルモン」)が分泌されることによるダイエット効果が。朝晩の1日2杯という飲み方も効果的なよう

体に必要な「カルシウム」をはじめとした鉄分・カリウムなどのミネラルも摂取できるため、ストレスの少ないバランスのとれたダイエットを行うことができます。

●運動直後=筋力UP

筋トレや有酸素運動などを行った直後に飲むと効果的。運動後は筋力アップのために体がタンパク質を欲しています。

牛乳ダイエットでは、運動後30分以内に飲むのがベストタイミングだといわれており、牛乳はプロテインやサプリよりもずっと安価で手軽

ここに注意!