えっこんなに簡単なの?・・最新「風邪対策法」で風邪知らず

Sponsored Links

この記事は私がまとめました

風邪はひきたくない、もう予防はしてるよ!そんな方にこそ読んでほしい。新しい予防法を紹介するだけでなく、常識と思われていた間違った予防法も紹介します。随時更新していきますのでお気に入り登録よろしくお願いします。

イーソーさん

うがい

マスクはあんまり意味がない

実は、本来の役割はのど、鼻の乾燥を防ぐことです。

●ウイルスの粒子はマスクの網目より小さく、
ウイルスがマスクを素通りしてしまうので、マスクを着用する意味はない。

●高性能フィルターのマスクを着用した場合、
多少はフィルターでウイルスを防げるとしても、
そもそもマスクの着用時に顔とマスクの間に必ず隙間ができてしまい、
そこからウイルスが侵入してくるので、やはりマスクを着用する意味はない。

2分、目を閉じるだけ

2分ほど目を閉じてみてください。すると、副交感神経が優位になりやすく、体力、気力の回復に繋がりやすいと言われています。

暖かいものを飲むだけ

白湯を飲むと体温が上がり、免疫力が高まり風邪予防につながります。

白湯に生姜をすって入れると更に体温上昇につながり、よりいっそう免疫力を高めることが期待できます。

とりわけ朝起きた時に飲むことは効果が高いと言われています。

風呂で歌うだけ

お風呂で歌うとエコーが効いて、その上、咽が潤っているので、気持ちいいのですよね

簡単な食事で予防

ビタミンを多く含む野菜を摂るなど、毎日の食事に気を遣っていると、風邪を引きにくい身体をつくることができます。

▼ビタミンC

イチゴ、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリー、ほうれん草、イモ類など

おやつの時間(⁎⁍̴̛ᴗ⁍̴̛⁎)✧*

苺はビタミンC豊富 !!
風邪予防や目の疲労にも 、高血圧予防にも有効みたいです。

ハーゲンダッツはここまで美味しくなるんですね(*ˊᵕˋ*)✨ 冬にお似合のアイスです❤ pic.twitter.com/WJBluKxwIk

おはようございます
今日も笑顔で ~

ちんげん菜はβカロテンやビタミンCを豊富に含む緑黄色野菜

βカロテンは体内でビタミンAに変化する栄養素で色々な効能が期待されています
視力維持の効能~ドライアイなど
皮膚や粘膜を… twitter.com/i/web/status/9…

ビタミンA

のどや鼻などの粘膜を保護する
ほうれん草、人参、カボチャなどの緑黄色野菜、うなぎ、チーズなど

▼体温を上げて体力をつける

お昼は旦那と豚丼♪

ビタミンたっぷりの豚肉と、生姜の効いた浅漬けが風邪予防にいいんでないかい♪
美味しかったぜーい

奢ってもらったし、しばらくは良い子でいますww

#いっぴん
#豚丼 pic.twitter.com/vExsLcsVTI

寒いな!風邪の引き始めや予防には是非摩り下ろした生姜、たまねぎ、大根をたっぷり入れたみぞれ鍋を試して見てくれ。

だしはめんつゆだけでいいってのが楽だな!具はなんでもいいぞ。熱いから気をつけてな。 pic.twitter.com/jm0nocV9R3

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る