これでスッキリ!「疲れやすい人」の特徴と対策法

Sponsored Links

この記事は私がまとめました

イーソーさん

疲労、その原因は様々です。まずは原因を知ることが解決への近道になります

食事が原因

▼カフェイン

覚醒作用により、眠い時や寝起きにコーヒーを飲む方も多いと思います。ただとり過ぎは注意が必要です。

コーヒーに含まれるカフェインを摂ると興奮・覚醒するのは副腎のホルモン“コルチゾール”と“アドレナリン”が分泌されるからです。しかし、このホルモンをどんどん分泌させてしまうと、体を疲れさせてしまうことになります。そこにまたコーヒーで刺激を繰り返すと、体は疲れる一方です。

体を活動させる交感神経に働くカフェインを摂取し続けると、心拍数の増加や血圧の上昇が日常的に続く状態となり、体はつねに興奮状態に。そのため、自律神経のバランスを崩してしまい、だるさや気分の落ち込みなど身体症状となって現れます

帰宅して、暖房をつけて、疲れを癒しながら熱いコーヒーを飲む小さな幸福。 pic.twitter.com/zRN3DblFAM

▼ジャンクな食べ物

甘いものは疲れ、しょっぱいものはストレスを感じているときに欲しくなると言います。ジャンクフードが頻繁に食べたくなる方は体にすでに異変が起きている方かもしれません。

ジャンクフードを食べる生活が長く続くと、疲れやすく怠けがちな生活スタイルが定着しやすいことが、米カリフォルニア大学が行った実験で明らかになった。

ジャンクフードが無性に食べたい時は心と身体が不健康のサインを出しているかもしれません

▼甘いもの

疲れた時は甘いものを食べたほうがいいと思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、その行為が疲れやすい体を作っているかもしれません。

血糖値の上昇で集中力は上がるかもしれませんが、その作用は一時的。体は急激に上がった血糖値を下げるように働くため、血糖値が下がりすぎて低血糖の状態になり、体のだるさや集中力のなさ、無気力、いらいらなどを起こしてしまうのです。

血糖値を下げようとして、インスリンを生成してしまうのです。そうすると糖分を摂取する前よりも血糖値が下がることで、逆に疲労感が生まれてしまいます。

糖分を取りすぎるのは、栄養のバランスが悪くなって、身体が疲れやすい状態のサイン。ちなみに結婚生活など人間関係がうまくいっていない人は特に甘いものを食べ過ぎる傾向がある。
またコーヒーをたくさん飲む人は、疲れやすい、または人間関係で悩んでいる可能性が高い。

ストレスが原因

ストレスが原因の恐ろしいところは、自覚がないことかもしれません。一度自分自身と向き合ってほしいと思います。何か心あたりはありませんか。

慢性疲労は、肉体的な疲れではない
ストレスが原因でおきる、一種の「脳」のアレルギー
これが続くと脳が委縮し、やる気が減退する

完璧主義は体に悪いもの。完璧にしなければというストレスから疲れが出てしまいます。ときには現実をみてリラックスすることも重要です。

一応きのう病院行って「インフルじゃないねー。睡眠不足と疲れ、ストレスってとこかな」との診断だったから、熱ないし仕事来たけど…案外しんどいぞ。まだ若干の身体のミシミシ感が…w

睡眠不足が原因

理想的な睡眠時間は、1日7から8時間の間といわれています。常に睡眠不足状態の人は、太りやすい体質になるともいわれています。重要だとはわかっていても、睡眠リズムが健康のカギを握っていることを忘れがちです。

運動不足が原因

現代はどうしても運動不足になりがちですよね。血行が悪くなって疲労のたまりやすい体になってしまいます。

体を動かすことによって、全身の血行を良くし、体内にたまった疲労物質を取り除く効果が期待されています。

【身体を動かすことの効用】

運動には多くのメリットが♪

・血流がよくなり疲れがとれやすくなる

・心肺機能の向上で疲れにくくなる

・気分転換、ストレス解消 etc.

なんとなく身体がだるかったり
気持ちが晴れない人は軽い運… twitter.com/i/web/status/9…

日光を浴びていない

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る