そろそろ半袖の季節…気になる「二の腕のブツブツ」解消法


肌を見せる季節が近づくと気になる二の腕のブツブツ…

春夏に向けて、半袖やノースリーブ、そして水着を着る機会が増えますよね。

そこで、気になるのがお肌の状態。特に二の腕のブツブツが気になるという女性がけっこう多いようです。

そもそも二の腕のブツブツってどうして出来るの?

二の腕にできるブツブツは、ざらざらとした肌触りで、一般的に「さめ肌」といわれていますが、医学的には「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」や「毛孔角化症」とされる皮膚疾患です。

このぶつぶつの正体は、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」または「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」と呼ばれる皮膚疾患です。

原因はハッキリと解明されていませんが、遺伝やストレス、睡眠不足だという説が有力です。

実際、この二の腕のぶつぶつは明確な原因は特定されておらず、良性の皮膚疾患のため、治療法も確率されておらず年齢を重ねれば消えるなどと言われているそうです。

また遺伝の可能性も高いそう。

ただし、健康上影響がないとはいえ、肌を出す時期になると女性なら気になる人の方が多いですよね。

毛孔性苔癬がある人は、家族にも同じ症状が出ている人が多く、現在は遺伝的な要因が強いと考えられています。

毛孔性苔癬は良性疾患のため、放置しても健康上に重大な問題を引き起こしたり他人に感染するようなことはありません。

そんな二の腕のブツブツを改善する方法

●まず、二の腕をゴシゴシするのは控えましょう

古い角質を取り除こうと、ゴシゴシこすったり、過剰なピーリングで刺激を与えるのはNG。

ニキビと同じで、擦ったり潰したりすると色素沈着やクレーター状の跡が残る場合があります。

●AHA石鹸などで角質を除去しましょう

ピーリングも効果的!ピーリングのピールとは「皮をむく」との意味で、皮膚の表面の古くなった角質をはがすケアのことをいいます。

数あるピーリングのなかでも、お肌に刺激が少なくやさしいといわれるのが、AHAピーリング。角質を柔らかくしたり、除去する効果があるので、化粧品に配合されたり、ケミカルピーリング剤として皮膚科で使われることもあります。

二の腕などのブツブツの症状を改善するために、まず重要なのはブツブツの正体である「たまった角質の除去」です。

角質は放っておくとすぐたまってしまうので、肌に優しいスクラブや洗いながらピーリングができるAHA石けんで洗って、常に清潔な肌を保ちましょう。

●ダイエットも効果的かも

適度な運動をすることで、新陳代謝を活性化し、ターンオーバーが正常になることで、ぶつぶつの予防・改善につながります。

二の腕のぶつぶつが出てしまう人は、少し小太りの人が多いと言われています。

ダイエットで二の腕のブツブツが消えた!という方もいます。

●栄養のある食事を心がけましょう

やはり栄養バランスの取れた食事、そして十分な睡眠は基本。規則正しい生活習慣は大事ですね。

ビタミンが不足してしまうとお肌のターンオーバーもうまくいかずに、ぶつぶつの原因になってしまいます。

ビタミンが不足するとターンオーバーが正常に働かなくなり肌のぶつぶつを生む可能性があります。偏食は控えてバランスの良い食事を心がけましょう。

●市販の尿素クリームを使うのもアリかも

出典hapila.jp

尿素には肌の保湿機能の他、「余分な角質を取り除く」と機能があり、これがブツブツ改善に役立つそうです。

ただし、刺激が強すぎると症状が悪化する可能性があるので10%前後の低濃度の尿素を選ぶように注意しましょう。