話題沸騰!1ヶ月で手っ取り早く小顔になる方法3選

Sponsored Links

この記事は私がまとめました

smooqa2さん

■筋トレで小顔

60日継続記念レポ
普段はウォームアップ→おすすめ→上眼瞼筋→頬筋→クールダウン
時間のないときは全顔のみ

改善された点
・頬の肉が落ちて、口の周りがすっきりした感じになった
・眼がぱっちりとしてきた
 特に、小さかった右目が大きくなってきた
・肌がふっくらとして、ハリがでてきた
 特に、瞼の皮膚にハリがでて、アイシャドウやアイラインを引いたときにヨレなくなった
・鼻のてっぺんの肉が落ちてきた?ワシ鼻っぽかったのがましになってきた
・鼻のてっぺんの毛穴が小さくなってきた

■1日で小顔になる方法

逆に、休日にお酒を飲んだり、塩分を摂りすぎたりしてしまった場合、どうしても浮腫みやすくなりますよね。
 
 
そこで1日で小顔にする方法を実践し、翌日までにはしっかりと小顔に戻すと良いでしょう。
 
 
1日で小顔にする方法としては、まず入浴している際にしっかりと体操をしてあげたり、小顔マッサージをしてあげる事が大切になります。
 
 
 
 
またこの他にも美顔器や美顔ローラーを使用するだけで、1日で十分に小顔になってくれますので大きな悩みにはなりません。
 
 
更に少し時間や金銭的な余裕があれば、鍼灸院で美容鍼を打って貰うのも良い方法になります。

■骨格が3ミリ小さくなる小顔マッサージ

step1:骨の矯正

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

頭の骨と骨の間を埋めるように、手の平を使って骨に圧をかけていきます。骨と骨の開いていた隙間が埋まることで、顔の輪郭が一回り小さくなります。
point
あごの骨(輪郭)を、手の平の「手首」付近を使って、顔の中心に向かって垂直に押す
強めに押す
5秒ほど長めに、圧をかけるように

step2:筋肉のマッサージ

凝り固まっている筋肉に、適度な圧をかけてほぐしていきます。ほうれい線が消える効果もあります。
point
強めに、5秒ずつ長めに押す
顔をボールだと思って、ボールの中心に向かうように、「垂直」に押す
手順1,鼻のすぐ横の頬骨を押す
手順2,先ほどの手の位置をすこし外側にずらして、頬骨を押す

step3:むくみを流す

指の腹を使って、血液やリンパの流れを促します。顔にたまった老廃物を流すことで、むくみがとれ、顔色がよくなります。血流がよくなることで、肌荒れの改善にも効果的です。
point
タオルをかぶせて、顔に傷が付かないようにする
指の腹をつかって優しくなでる
ペットをなでるくらいの優しい強さで
1分ほどでOK(やるほどに効果があるので、長めにしても可)

step4:脂肪をとる

脂肪をつまみ、柔らかくほぐします。硬くなった脂肪が柔らかくなることで、余分な脂肪が流れやすくなります。
point
痛みを感じないくらいの力で優しく
顔の輪郭に沿って、脂肪が気になるところは、まんべんなくほぐす

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る