「何もないところ」で転ぶことはありませんか?メカノレセプターを活性化させて「転倒」を予防しよう!

Sponsored Links

この記事は私がまとめました

S.T.R.さん

▼「何もないところ」「わずかな段差」で転んだりしませんか?

☆その原因は、「メカノレセプター」の衰えが原因かもしれません。おもいあたることのある方は、是非お読みください。★

普通に歩いているつもりなのに、何もないところでつまずく事ってありますか?私はよくあります^^;

私は、何もない所でよく転びます。今日もデパートの通路で転んでしまい、恥ずかしい思いをしました。

まだ20歳ですが、何もないところでよくつまずきます。体のどこかが悪いんでしょうか。

2歳の子供が頻繁にこけます。外出は勿論のこと、家の中で何も無い所でもこけることがあります。

4歳の子供(男)が平坦な道でよく転びます。
昨日も30分程度歩いて、つまづくのも含めたら5回くらい転びました。

▼筋力不足、運動不足とは思えない方も転んでいます。

走って五年になります。先月の月間距離は220キロ。昨日、ランニング中に転倒しました。家から6キロ地点で、まだ明るい時間、広い舗道で目立った段差は無い様に感じました。

筋力不足とは思えない方も転倒されてますね。

▼「転んだ」「転倒」の被害って、こんなに大きいんです。

●こどものケガ

運動能力が貧しいという感じでもないんですが、他の子に比べて圧倒的に膝や腕、顔にも切り傷があり、しょっちゅう絆創膏を貼ってます。

現代では、「よく転んでしまう」「何もないところでも転んでしまう」の他に「よく骨折してしまう」「すぐ骨折してしまう」などただ転んだだけでも骨折してしまう子ども達が多くなっています。

◇知っておきたい意外な転落・転倒スポット

●仕事上のケガ(労働災害)

転倒のケガは子供だけではありません。大人の転倒・転落による労働災害も多いのです。

仕事中の転倒が原因で4日以上仕事を休んだ方は25,878人(平成25年)で、休業4日以上の労働災害全体の22%を占めている。

▼日常生活でのケガ

▼高齢者による転倒は以外なところで起きているんです

全体の55.9%が住宅の内外で起こっており、そのうち9割以上が屋内で発生しているのです。

転んで救急搬送された人のうち、転倒事故発生場所で最も多い箇所は「居室・寝室」となっています。

「玄関・勝手口」、「廊下・縁側」のような’段差’のないところでの転倒が一番多いのです。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る