ビーガンについて考える。身体を健康にしてくれる?

Sponsored Links


そもそも、ビーガンとは??

Vegan(ビーガン)とはイギリスから発祥した言葉・考え方で、ざっくり言うと完全ベジタリアンのことを指します。

実は、ベジタリアンの中の一種なんです

なぜ、ビーガンになるのか?その理由とは?

大きく分けると下記5つがビーガンになる理由とのこと。
・健康上の理由
・倫理的な理由
・地球環境による理由
・宗教上の理由
・霊的な理由

1.生活習慣病の改善

メタボや糖尿病対策に、菜食の健康効果

特に糖尿病に対しては、ものすごい効果があるみたいですね!

2.体が疲れにくく軽くなる

ビーガン食のメリットのひとつは「体が楽になる」ということ

消化に悪い組み合わせ=炭水化物+動物性食品

3.頭が冴える、イライラしなくなる

少食の効果のまとめと実際に少食を行なっていた著名人について公開

小食の効果として、頭が冴えることがあげられる。実際に過去の著名人もビーガンではないにしろ、小食により効果を得ていた偉人は沢山いる。

今ベジタリアンという言葉がありますが、19世紀半ばまでは”ピタゴリアン”と呼ばれていました。語源は、数学者ピタゴラスが完全ベジタリアンだったことだったんですね。それにしても、ベジタリアンだった偉人たちを見ていると頭が冴えるという効果も信じることが出来ます。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

4.味覚が戻る、体臭がしなくなる

加齢臭は、ノネナールと呼ばれる脂肪酸が酸化されてできる、不飽和アルデヒドがそもそもの原因

加齢臭にフォーカスをあてました。ベジタリアンは、加齢臭の元になる食品を摂取しないことで体臭がなくなるということなんですね。

「今私はビーガン、自分で決めたの。私はアフリカの文化や健康や体に最も良い方法を勉強したの。本当に健康になりたかったのよ。体について沢山のことがわかったし、肉の中に何が入ってたかもね。味覚が変わり始めて、もう二度とお肉や乳製品は欲しくなくなったわ。」ブランディー(R&B歌手)

味覚はやはり変わり始めるみたいですね。

付き合いで魚や牛乳をまだ頂いているが、

最近さらに味覚が変わったのかな、どちらも受け付けなくなってきた。苦いし臭いし必要ないのに食べていることに耐えられん。

肉だけ拒んでいる今ですらやや村八分じみてるのにさらに拒んだら居場所なくなるでこれ。

あーVEGANのお店で働きたい

5.食について考えるようになる

ビーガンとは生き方の哲学

人間と動物が共存できる道を探すための生き方の哲学

いいことばかりではない、ビーガンのデメリット

肉も魚も卵も食べない「ヴィーガン」生活を経験した女性に起きた身体の異変とは?

ビーガンになることで起こるデメリットをよく理解することが重要である。

ビーガンについて

今回は、ビーガンの効果についてまとめてみました。ビーガンと一言でも、色んな種類のビーガンがあり、どこまでの哲学をもってビーガンになるかにより、身体に対する効果は違ってきますが、ビーガンという言葉から一度、自分の身体と対話するきっかけになれば、こんなに素晴らしいことはないと思いました。誰でも元気に健康でいたいのは、どんな哲学を持っている方でも一緒です。健康でないと、毎日をハッピーに生きていけません。身体に負担をかけているなと思ったら、一食食事を抜いて胃を労わってあげることも重要だと思います。
何より、自分の身体と対話すること、これが、健康への第一歩だと考えます!皆さまが健康でいてくれることを願ってやみません。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る