夜の耐えられない空腹に。寝る前に食べてもいいものアレコレ


寝る前に何となく空腹に襲わた時ってどうしていますか?

食べないとお腹が空いて眠れない、そんな経験はありませんか。

そんな夜遅くまで起きているときに限って…抗えないほどお腹が空く、という経験をされた方も多いと思います。

夜寝る前には食べないに越したことはないが、脳をリラックスさせて眠るためには、食べるほうが安眠のためには良い

そもそも、寝る前に食事するとどんな影響があるの?

消化運動をすることは、睡眠の質にも影響します。体の体温が上昇し、大脳の状態もクールダウンせずに、浅い眠りに

夜食はエネルギーではなく脂肪に変わりやすい食べたものがエネルギーに変換されず、脂肪になりやすいのです。

できれば避けたい!寝る前にヤメておきたいもの

【ラーメン】睡眠前には絶対にNG。特にコッテリ油がたっぷりのものは消化に時間がかかります。

【お菓子】ちょっと甘いものでもと思ってお菓子を食べるのは、、、当然ながらNG!

【アルコール】アルコールには「3、4時間後に起こす効果」があるんです。また、飲み過ぎると脱水症状になることがあります。

食べる時に気を付けるポイントもあります。

(1)液体をチョイス(2)温かいものをチョイス(3)カップ1杯を目安

ゆっくりと味わって食べましょう。そうすることで、満足感が得られ気持ちも落ち着き安眠効果も高まります。

テレビやスマホを見ながら食べない食事以外の刺激を受けることになり、満腹になるのが遅れてしまうからです。

では、寝る前に食べても影響が少ないものアレコレ

夜は腸が活発に動く時です。ヨーグルトには整腸作用があるので、寝ている間に、老廃物を外に出す準備をしています。

バナナは消化時間が驚くほど早いです。短時間で効率的に栄養を摂取出来るようスポーツ選手も取り入れている食材。

バナナはセロトニンの働きを安定させる働きがあるため、メラトニンの分泌も盛んになり、快眠を促進するのです。

納豆は食物繊維も豊富に含まれているので、整腸作用や代謝を高めて痩せやすい体質を作ってくれます。

【豆腐】一丁につき150kcalほどなので、夜食として食べる際には半分くらいにすると良いです。

市販されているコーンスープやポタージュスープなどのインスタントスープなら、70kcal程に抑えられます。