和食~ 11月18日・世界一受けたい授業


2017年11月18日の「世界一受けたい授業」は、美肌・長寿・ダイエットによいとして海外が注目する和食の魅力が紹介された。

解説してくれたのは、元ス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャル先生。

和食の4つの効果
・美肌
・老化防止
・長寿
・ダイエット

◇和食の美肌効果

一汁三菜…汁物と3種類のおかず
→ 栄養バランスが良い

海外で流行している美肌に効果的なスムージーには豆腐が入っている
(1杯分)絹豆腐 50g/冷凍ブルーベリー 50g/牛乳 50ml/はちみつ 大さじ1
以上の材料をミキサーに まろやかになったら完成

海外から見た時に奇跡のヌードルと呼ばれる食材があるそうです。それは一体何?

正解はしらたき
ミラクルヌードルとか禅パスタと呼ばれていて

本当にパスタの代わりにするんだそう。
日本だったらおでんとかすき焼きに入れるイメージしかないですよね。

海外でヘルシーなおやつとして人気の和食は何?

答えは枝豆
栄養バランスの取れたスーパーフードとして人気で

EDAMAMEで通じるそうですよ。
セレブたちも食べてるそう

このように
日本に住んでるとなかなか気づかないものですが、
海外から見ると魅力がいっぱい!

和食の美肌効果

海外ではスーパーフードとして流行しているという美肌食材が、豆腐。

豆腐には、美肌に欠かせない大豆イソフラボンの他、良質のたんぱく質や脂質・ミネラル・ビタミンなどが含まれ、海外では「Tofu(トーフ)」の名前で人気急上昇の健康食材とのこと。

◇和食の老化予防効果

和食(主に 煮る・ゆでる・蒸す)
モイストヒート…水を使う調理法

洋食(主に 焼く・揚げる)
ドライヒート…水を使わない調理法

AGE(老化の原因物質)は高温に加熱すればするほど増える
→ 和食はAGEが少ない=老化予防に

3つ目の魅力は長寿
和食に含まれる食材には長寿ホルモンであるアディポネクチンを増やす効果がある

近年長寿ホルモンとして注目されているのが、アディポネクチンというホルモン。

アディポネクチンは、動脈硬化・メタボ・糖尿病を予防する効果など、長寿にはかかせない様々な働きがあるという。

アディポネクチンを増やす食品は、雑穀、緑茶、大豆食品、海藻のほか青魚。

青魚に多く含まれるEPAがアディポネクチンを増やすと考えられている。

さらに、アディポネクチンを増やす食品でもある緑茶は、海外では奇跡の飲み物として大ブームという。

緑茶を一日一杯以上飲んで、さらにみかんなどのかんきつ類を毎日食べている人はガンの発症リスクを17パーセント下げるとのこと。

スーパーダイエットそばパスタのレシピ
ダイエット効果があります。

材料
オリーブオイル
にんにく(みじん切り)
玉ねぎ(みじん切り)
ブロッコリー
パプリカ(黄)
ツナ缶
トマト
そば

作り方
①フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れます。

②玉ねぎ、ブロッコリー、パプリカ、ツナ缶、トマトを入れて炒めます。

③茹でたそばを加えて軽く炒めます。

お肉の脂身やバターや生クリームが嫌いな下の子は、高い霜降り肉も食べない。脂身大好きな上の子も最近は一人前しか食べなくなってきた。旦那さんは元々野菜主食で草原のキリンみたいなので、和食っぽいもの作るとみんな喜んでくれる。

今日は和食だ。卵焼きは俺特製の出汁がはいってるぜ!!

オニオングラタンスープもいいっスけど、たまには和食も食べたいなー…なんて!

《爆笑(?)ダジャレ》 和食: 和食が美味しすぎてわ~ショック

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る