【ダイエット】朝ごはんって大切✨朝ごはんで痩せやすい体作り♪

Sponsored Links

朝ごはんを食べて痩せやすい体へ♪

毎朝しっかり朝食をとると、体内時計が正確になり、新陳代謝が活発となります。この新陳代謝が滞ると太りやすくなり、代謝が活発に行われていると太りにくい体になります。

つまり、ダイエットのためには朝食を食べたほうが効果があると言えるのです。

朝食は1日の中で最もたくさんや量を食べ、反対に夕食は最も量を控えるべきだと考えられています。

その理由は、朝食は多少多めに食べても、日中から夜にかけて行動し、食べた分だけのエネルギーを消費することができることが多く、摂取した食事を体内に溜め込みにくいからだと言われています。

朝食抜きダイエットをすると、太りやすい体質に‼︎

逆に、朝ご飯を食べないなど、
食事を抜いてしまうと…
身体は、エネルギー不足になってしまいます。

そうすると、脳は「エネルギーが入ってこない…このままでは危ない」と飢餓状態になっていると勘違いをしてしまいます。このような勘違いをした脳は、生命維持のために、基礎代謝を落として体内に脂肪を溜めこもうとします。

おすすめ朝食は和食‼︎

お米はパンよりも水分量が多いため腹持ちがよく、血糖値の上昇を緩やかにするという特徴があります。そのためインスリンの分泌が抑えられ、脂肪の吸収を抑える効果を期待できます。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

和食の朝ごはんの一例として、ご飯、納豆、玉子焼き、味噌汁、焼き魚、漬け物、りんごやみかんなどのフルーツというメニューはオスス

食べる際には、ご飯に雑穀を混ぜて栄養価をアップさせたり、味噌汁には野菜をたっぷり入れたりすることがポイントです。

でも、朝からご飯は…そんなパン派の人はこちら✨

そんなパンをメインにした太らない朝食メニューの具体的な例としては、バケット、スクランブルエッグ、生野菜サラダ、スープ、ヨーグルト、フルーツというメニューはオススメ!

忙しい人はシリアルでもオッケー♪

実は、シリアルは炭水化物、ビタミン、ミネラル(鉄分など)が摂れるため、手軽でありながら必要な栄養をある程度は得ることができるのです。

ただし、シリアルだけを食べるのではなく、そこに足りない脂質とたんぱく質をプラスしましょう。

くるみやマカダミアナッツなどを足すことで脂質は補えますし、牛乳やヨーグルトはたんぱく質が豊富な食品なので、これらを一緒に摂ることで栄養バランスの優れた朝食となります。

いかがでしたか?
お役に立てたら嬉しいです♪
朝ごはんを食べて健康的にダイエットしましょ♪

♡関連まとめ♡

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る