【健康】痛風、お酒に強い人ほどリスク上昇?アルコール分解にかかわる酵素をつくる遺伝子ALDH2が影響

【健康】痛風、お酒に強い人ほどリスク上昇?アルコール分解にかかわる酵素をつくる遺伝子ALDH2が影響

4M2XwUcfAX

1: 名無しダイエット 2016/06/11(土) 14:33:51.64 ID:CAP_USER9

 激しい関節痛を引き起こす痛風は、お酒に強い体質の人の方がリスクが高まるらしい
防衛医大などの研究チームが、飲酒時のアルコール分解で働く遺伝子が痛風の発症にかかわっていると発表した。この遺伝子の変異の有無が酒に強いか弱いかに関係し、発症リスクが異なってくるという。

痛風は、過度の飲酒などで血中の尿酸値が高い状態が続くと発症する。
中年以降の男性に多く、国内患者は約100万人、予備軍の「高尿酸血症」は約1千万人に上るとされる。

防衛医大の松尾洋孝講師と崎山真幸医官らは、東京と京都の医療機関に通う痛風患者の男性1048人と、痛風ではない男性1334人の遺伝子を解析。
発症に関連する五つの遺伝子領域のうち未解明の一つを調べ、アルコール分解にかかわる酵素をつくる遺伝子ALDH2が影響していることを突き止めた。

この酵素はアルコールから分解されたアセトアルデヒドを酢酸に変える役割だが、ALDH2遺伝子に変異があるとうまく働かず、酒に弱くなる。
変異がある人に比べ、変異がない人の痛風発症リスクは2・27倍になったという。

松尾さんは「痛風は遺伝子の影響も強く、遺伝子の個人差に応じた予防や医療の重要なモデルの一つとなる可能性がある。未成年の発症リスクも調べられる。今後もさらに研究を進めていきたい」と話している。

http://www.asahi.com/articles/ASJ6B7FCZJ6BUBQU00Q.html?iref=com_apitop

痛風はビールを飲みながらでも治る! (PR)


続きを読む