【ミランダも実践!】無理せず簡単に脂肪を落とす「5:2ダイエット」が凄い!!

Sponsored Links

5:2ダイエットは一週間でカロリー制限をするのは2日だけ!

ものすごい簡単ダイエット方法というわけではなく、さらにものすごく体重が減ってくれる方法ではありません。しかし、痩せる可能性はかなり高い方法となりますので、絶対に痩せたいと考えている人にオススメできます。

断食に近いダイエット
1週間に2日だけ総カロリーを500kcalに留める
残り5日間は普段通りの食事を摂取して良い
痩せる可能性は高いが効果がすぐに出るわけではない

一週間の内2日間は、プチ断食に近い状態にすることで内蔵を休ませる効果があり、健康にも良く、また、完全に断食するわけではないのである程度我慢ができ、続けやすいことにメリットがあるようです。

断食日のカロリー制限は通常の1/4とされており、

男性は600kcal
女性は500kcal
を目安としています。

長期的に実施することで痩せる可能性がかなり高いダイエット法なので、時間がかかっても確実に痩せたい、健康的に痩せたい、と思っている人にはオススメなダイエットです。

5:2ダイエットの効果はどれくらい?

1週間でどんどんと体重減していくわけではなく、極端に言うと2日だけ体重減になるので大きく減ることはないんです。そして、プチ断食のような健康面に関して高いというわけでもないのが、この5:2ダイエットの特徴とも言えます。

5:2ダイエットは一週間を通して、ぐんぐん体重が低下していくわけではなく、カロリー制限をきちんとした2日間だけ体重が減る仕組みなので、早く確実に痩せたい!と思っている人にはオススメできないダイエットとなります。

イギリスで45日で5kg減の実績

イギリスでは45日間で体重が5kg減少したという検証データがあります。日本人の検証結果は多くありませんが、カロリーを正しく計算し管理することで、ダイエット効果を期待することができます。

5:2ダイエットのやり方や成功するポイント

ダイエット中に必要な栄養素をきちんと考えて摂取するようにしましょう。また、野菜や果物には栄養素が豊富に含まれている上、カロリーが低いものが多いので、積極的に摂取していきたいですね。

まずカロリーを控える日の食事で、カロリーはかなり少ないけれども栄養が摂取できる食べ物を食べることです。
野菜や果物には豊富に栄養が含まれているのですが、そこまでカロリーが高いわけではありませんので、食べることは可能になります。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

5:2ダイエットの中で守りたい!最低限のルール

<5:2ダイエットのルール>

①一週間の内2日間をプチ断食日とする
②一週間の内5日間は普通の食事をする
③プチ断食の2日間は女性は一日500ckalに抑える
④プチ断食の2日間、カロリー計算・管理は厳密に行うようにする
⑤高たんぱくで低GIの食品を摂取する
⑥プチ断食の2日間は炭水化物は控えるようにする
⑦断食日は2日連続はNG。数日、日を空けるようにしましょう

プチ断食する2日間は2日連続で行うことがないよう、間に数日おくようにしましょう。例えば、一週間の内、火曜日に一度プチ断食日にすると決めたら、次のプチ断食日は金曜日にする、など数日空けるように心掛けましょう。

5:2ダイエットで心がけたい!成功させるポイント

<5:2ダイエットを成功させるポイント>

①事前に食事メニューのレシピを用意しておこう
②低GIの食品を選ぶようにしよう
③毎日体重を測るようにしよう
④適度な運動を行うようにしよう
⑤ストレスを溜めない生活を心がけよう

どんなことに気をつけたら良い?5:2ダイエットでの食事方法

■低GI食品
低GI食品はゆるやかに血糖値を上昇させるので、腹持ちが良く空腹感を緩和させます。 GIが50以下のものを選びましょう。

■良質なタンパク質
タンパク質は適度な満腹感を与えてくれるので、断食日にはもってこいの栄養素。特に卵がおすすめです。卵のほかに、赤身の肉・皮をとった鶏肉・低脂肪乳・大豆などがあります。

■野菜・果物・ナッツ類
野菜はご存じのとおり低カロリー。たくさん食べてもカロリーを気にすることはありません。サラダや蒸し野菜にして食べましょう。 ただし、かぼちゃやじゃがいもなどはカロリーが高いので、食べ過ぎに注意。 日中おなかがすいたときは果物やナッツ類を選びましょう。

■水分をたくさんとる
水分といっても、水だけではなく、お茶やブラックコーヒーなどもOKです。空腹感を紛らわしてくれるのはもちろん、温めて飲むことで気分をリラックスさせてくれます。 ゆっくりひと口ずつ飲むようにしましょう。

日間は炭水化物を避け、血糖値が急上昇してしまう危険の少ない食材をチョイスし、たんぱく質をきちんと摂取することを心がけると良いようです。

栄養がしっかり摂取できるメニューにすること
まず、どんなダイエットにも言えることですが、栄養の偏りは健康に影響が出てしまうのできちんと考えなくてはなりません。カロリーを抑えることばかりに目がいってしまい、栄養を無視してしまうとかえって痩せにくい身体になってしまったり、体調を崩してしまうこともあります。

カロリーを抑えることは当然ですが、しかし栄養まで抑えてくださいとしているわけではありません。健康を維持するためにも栄養は摂取していかなければいけませんので、できるだけ栄養が摂取できてカロリーがかなり低い野菜などを食べるようにしましょう。

水分をしっかりと摂取すること
水分補給は身体にとってとても大切なことです。身体が必要としている水分までも抑えてしまうと、栄養と同じく健康に影響が出ます。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る