えっ!お肌の不調はブルーライトが原因かも!?


■スキンケアを入念にしているのに、いまいち成果がでない…

お肌は年齢が一番出やすいところ。
普段からスキンケアには力を入れている人が多いはずです。
でもいまいちキレイにならなかったり、知らない間にシミが増えていることがあるはず…

なんか安くていい感じの化粧水ないかな…
今まで専科の美容液からつくった化粧水ってやつ使ってたけど美白効果もあんま感じられず

■もしかしたら、ブルーライトが原因かもしれません!!

ブルーライトは白い蛍光灯、LED、テレビ、スマートフォン、車のライト等、私達が普段から使っているものに使われています。

■ブルーライトが肌に悪影響を与える原因は??

ブルーライトは睡眠にも影響を及ぼしています。頭を興奮状態のままにしてしまうので、寝つきが悪くなり、寝不足になります。体内リズムが崩れ、昼の集中力が低下、体力も低下します。作業効率が悪くなり精神的にも肉体的にも疲労感が常にあります。

よく寝付けなくてスマートフォンを見てしまう方は多いはず…

■寝不足や自律神経の乱れがお肌のダメージにつながる

、寝不足からの肌荒れやカサつき、ニキビ、毛穴の開きなどお肌にもたくさんの影響リスクがあります。

【睡眠不足が与える影響を実験した結果】

睡眠時間を8時間と6時間でテストした結果…

8時間睡眠を取った後(左)と、5日連続で6時間睡眠だった後(右)

6時間睡眠を続けた後、参加者たちのシワの数は平均で45%増えていた。またシミの数も13%増えており、目に見える部分では7%増加した。肌の赤みも8%増え、それが見て分かる部分は5%以上増えていた。

■ブルーライトを遮断する方法は??

①ディスプライの明るさを下げる

ディスプレイからは青色以外の光も発せられますが、明るさ全体を下げることで、青色光も軽減させることができます。

②長時間、パソコンやスマートフォンを触らない

仕事で使われる方も多いと思いますが、時間を区切ってリフレッシュさせる事で目の疲れの負担を減らします。

③ブルーライト対策メガネを使う

「Zoff PC CLEAR PACK」(3,900円・税別)。シェイプはウェリントンとスクエアの2型
ブルーライトを約36%カットするレンズを搭載している。

④ブルーライトカットフィルムを使う

⑤ブルーライトカット アプリ

【目の疲れが気になる方必携アプリ】ブルーライトを強力にカットすることで、あなたの目を保護するブラウザです。明るさも簡単に調整できるので、日中でも夜中でもブルーライトをしっかりカットして、あなたの目を守りましょう。

スマートフォンなどのデジタル機器のディスプレイは、自然光より多くの割合でブルーライトを発しています

紫外線対策にシワ対策とお肌のスキンケアは日々進化しています。ブルーライトへの対策もこれからは必須になる日がくるかもしれません☆

[`yahoo` not found]
LINEで送る