下腹を引き締めてポッコリお腹とさよならできるダイエット方法


悩みのタネ

ちょっと気を抜くと、すぐにポッコリと出てくるお腹の脂肪。
多くの女性にとっての悩みのタネ「ポッコリお腹」を改善するには、やはり腹筋を鍛えるのが近道。でも、つらい腹筋は長続きしない。

ソファーに座ったまま「ヒザ上げ・エクササイズ」の紹介

◇やり方

普通の腹筋ではなかなか動かない下腹部の筋肉(腹直筋下部)を刺激します。

[1]両ヒザを きちんとそろえ、ソファーに浅く腰かけます。なるべく姿勢は猫背にして、腰が反らないように注意します。
[2]両手をソファについて体を支えながら、両ヒザをゆっくり上げていきます。
[3]限界まで上げたら、その場で5秒キープして、ゆっくりヒザを下ろします。

[1]~[3]を3回繰り返します。これを1セットとして、一日2セットを目安におこなってください。

日々の些細な動きをシェイプアップにできる簡単な方法

◇お腹引き上げ筋活性化ポーズ <その1> 背伸び

斜め上にぐーんと伸ばす 呼吸は止めず引き上げ筋を意識して

[やり方]
脚を前後に軽く開き、両手を組んで上半身全体を斜め上に引き上げる。後ろ足のかかとは上げる。呼吸を止めず、お腹と背中に力を入れてお腹引き上げ筋を使いながら。10秒キープ。左右2回ずつ。
ステップ1)両手は軽く握って胸の前にお腹引き上げ筋に力を入れる
ステップ2)内ももにギュっと力を入れる。伸びをして、重心を前に移したときに内ももに力を入れるとヒップアップにもなる。
ステップ3)顔は手先を見上げるような角度に。
ステップ4)腕と後ろの脚は平行に 腕の角度は後ろに引いた脚と平行になるようにする。

◇お腹引き上げ筋活性化ポーズ <その2> 振り向き

ウエストが大きくシェイプされお腹回りがすっきり!

[やり方]
両足を一直線に並べ、前の足の側から振り向いて、後ろの足のかかとを見る。腰は動かさない。呼吸は止めず、お腹引き上げ筋を使いながら。10秒キープ。左右2回ずつ。
ステップ1)内ももにギュッと力を入れる。両ひざを付け、内ももをキュッと引き締めるのがポイント。ヒップアップにもつながる。
ステップ2)両足は一直線に。両足は一直線に並べる。普通に立った状態から、両ひざをつけたまま片方の足を後ろに引き、前の足の真後ろに。ぐらつくようなら少し前後に開いてもいい。
ステップ3)目線は後ろ足のかかとに

関連サイト