【永久保存版】腰痛の原因追求と対処の方法


腰痛は国民病!

老若男女を問わず腰痛に悩む人はとても多いんです。

厚生労働省の調べでは体調不良を訴える症状のうち腰痛は男性で1位、女性で2位。

男女ともに1位、2位は腰痛と肩こり。

腰痛と肩こりと合わせて国民病と言えます。

腰痛の8割は原因不明!?

医学が進歩した現代においても、腰痛の8割は原因不明だと言われています。

CTスキャンやMRIなどを使用した検査を行っても、原因がはっきりとわからないケースが大半なのです。

腰痛の考えられる原因は!?

①心因性(ストレス)によるもの

ストレスが継続的にかかると、副腎という臓器を疲弊させ、その関連痛は背部に出現したり、その関連筋肉である足の筋肉(縫工筋やふくらはぎ周りの筋)に問題を起こし、骨盤の傾きさえも作りだすことがあります。

副腎の機能低下によって関連する縫工筋(ほうこうきん)という筋肉が弱化し、骨盤が不安定に。それによって腰椎や骨盤周りの臓器に悪影響を与え

②姿勢や身体の歪み、筋力不足からくるもの

筋力が低下することによって、骨をしっかりと支えることができないために痛みが発生する

慢性的な腰痛、ヘルニア、腰のだるさの原因は体のゆがみと大きく関係している

③生活習慣・内臓疾患からくるもの

内臓が、病気などによって肥大すると中からお腹や腰を圧迫します。

この内臓による圧迫が痛みとして感じられることが、腰痛の原因となっているのです。

腰痛の対処の手順

①まずは医療機関へ

まずは腰痛の原因が画像診断できるものか、そうでないものなのか確認しましょう。

はっきりとした病名が判明した場合は「椎間板ヘルニア」や「ガン」などということもあり、その他の重篤なものを含む全身疾患が関連しているケースもあります。

これらのような病気にくらべて「原因不明の腰痛」は、少なくとも生死に直結するものではありません。

痛みは苦しいですが、原因不明ということは命に直結しないことをポジティブに捉えましょう。

②応急処置も忘れずに

根本改善にはなりませんが、腰痛ベルトをするだけでだいぶ痛みは和らぎます。

デスクワークや腰に負担のかかる仕事をしている方は、コルセットをするだけで姿勢が整いやすくなります。

③原因が特定でき根本原因にアプローチしてくれる専門家へ相談

現代医療は西洋医学です。東洋医学の分野も取り入れたアプローチが完治への近道です。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る