【予防・対策】 夏バテかも…そんなあなたにオススメ 熱中症対策!【食事・栄養】 NAVERまとめ


最近身体がだるい、、熱中症かも?

身体だるいから熱かなおもったらちゃうかった…
初めてこんなしんどい思いしたよ
寝込む理由がわかる笑
まぁー寝込むより動いてる方が意識しやんから楽になるね

そして夏休み前に三連休って、正直いらない……。暑すぎて私は引きこもりたいのだ

そんなあなたにすぐできる熱中症対策!夏バテ予防にも!

1.)「水分を」こまめに取る!

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

———-体の中の水が果たす役割について———-

・血液の大部分は水であり、酸素や栄養を運び、老廃物を集める役割を行っている
・血液中の水分量が減少すると、粘度の高いドロドロの状態になり、体の不調や病気の原因となる
・血液によって集められた老廃物は、尿として多量の水と共に体外に排出される
・体内の水の量が減少すると、尿の量も減少し、老廃物が溜まりやすくなる
・汗はその99%が水であり、体温を調整する役割を果たしている
・汗をかいたまま水を補給しないと、脱水症に陥る危険性がある

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.)「塩分を」ほどよく取る!

過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従いましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

塩=塩化ナトリウムと呼ばれる必須アミノ酸です。
これは細胞、消化液などの生命維持に欠かせない成分です。
取りすぎは細胞の浸透圧が高くなり良くないですが、取らないと栄養分が十分に吸収出来なくなり、栄養失調になるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.)「睡眠環境を」快適に保とう

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

睡眠が不足すると脳の中でも、認知機能をつかさどる前頭連合野と、感覚の処理や運動をつかさどる頭頂連合野の機能が低下します。それにより、注意力や集中力を維持できない、記憶が定着しない、意欲が湧かない、感情のコントロールができない、というような状態になりやすくなります。
身体の機能としては、免疫機能の低下や、ホルモン分泌の阻害が起こります。疾病リスクが高まったり、成長ホルモンの分泌が阻害されることにより身体機能の回復が効果的にできなくなります。その他、循環器系、消化器系の体の機能への影響もあると言われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4.)「丈夫な体を」つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

以上4点守れば熱中症はほとんどの確率で防げます!

しかし、、、
熱中症の怖さを知らない人は対策なんてやらなくても良いと思っていませんか?

中高時代、真夏は体育休みまくってたけど、熱中症で500人が体調不良ってニュース見るとあの頃のわたしは何も間違ってなかったって思う

熱中症気をつけろ気をつけろって言われるけど、水分塩分を取る・極力日陰にいく・休憩する・体を冷やす 以外に何していいかわからん。夜の熱中症って何だよ…

◯熱中症による事故

Bさんは、37歳の男性、建設会社に勤めています。
朝礼時に健康管理シートで自分の体調をチェックしています。
ある蒸し暑い日に、風通しが悪い場所で足場の組立作業に取りかかりました。
休憩所には日除けが設置され、氷、イオン飲料、梅干しなどが備えてありましたが、身体を冷やす設備がありませんでした。
朝10時頃、右足にしびれとけいれんを感じましたが、水を2杯飲み、15分程休むと回復したので、すぐ作業に戻りました。

昼食時に気分が悪くなり、歩行もできなくなったため、直ちに救急車で搬送されました。

その他、暑い所で起こる症状

熱中症になることで体内の様々な機能がバランスを崩し、元に戻るまでに時間がかかります。

このバランスが戻ることにより治る後遺症から、一生治らない重度の後遺症まで多数あります。

また、この期間は体が弱っているため、いつもより熱中症になりやすいんですよ。
熱中症は4種類に分類されています。
■熱射病

高温多湿の中で大量発汗し、体内の水分、塩分が激減することで体温調節ができなくなります。
■熱失神

炎天下で長時間活動することで体温が上がり、貧血状態になります。
■熱痙攣

大量発汗により、血液中の塩分が低下することで手足が痙攣をします。
水分だけ摂取し、塩分が不足した場合も起こります。
■熱疲労

屋外にいなくても暑さにより体が疲れることで起こります。
一言に熱中症といっても、症状により様々な病名がありますね。
この中でも熱射病になった場合に後遺症が残るケースが多いんです。

「熱中症には2種類あり、それぞれのリスクに応じた日常生活を心がけることが大事だ」と専門科が注意を呼びかけています。
発症しやすい人、経過、予後について、正しい理解を!
asahi.com/articles/ASK6N…
#熱中症 #熱射病 #日射病 #救急 #子供 #救急 #学校

<続きはこちら>

[`yahoo` not found]
LINEで送る