あなどってはいけない、いびきがもたらす健康への害


そもそもいびきって、どうして起きるの?

上気道はもともと狭い気管で、筋肉によって支えられているのですが、何らかの原因でさらに狭くなってしまうと、呼吸時の空気の流れが速くなり、増大した空気抵抗によって上気道の粘膜の振動が増加し、振動音や抵抗音が発生するのです。

睡眠中は上気道が狭くなっていて、
老化や肥満などによって喉の筋肉が衰えてしまうと、
空気抵抗が増え粘膜が振動しやすくなります。

特に、アルコールを摂取した時や身体に疲労がたまっているときは
上気道が狭くなる傾向にあります。
アニメや漫画でもお酒を飲んだ後にいびきをかく姿は目にしますよね。

いびきの健康リスク

・気道の部分的または全体的閉塞のリスク。または閉塞による睡眠中の呼吸の長期中断(睡眠時無呼吸症候群)

・自分自身ではいびきに気づいていない筈なのに、頻繁に目が覚めてしまう 。(不眠症)

・いびきをかいてしまう方の多くは、喉の筋肉を緊張させて空気の流れを維持する為無意識に眠りが浅くなってしまいます。

・心臓への負荷。 いびきにより無意識に呼吸困難に長期間苦しんでいる場合、血圧が高くなってしまい、 それが原因で心臓の肥大を引き起こし、 心臓発作や・脳卒中のリスクが高くなります。

・いびきによる疲れの為、昼間の眠気につながり、生活面で支障が出てしまう可能性があります。

・いびきをかく人に多く見られる症状が、血液中の酸素濃度の低さです。 これにより肺高血圧症を引き起こす可能性があります。

・その他慢性頭痛、肥満。また昼間の眠気と疲労など多数の弊害が出てしまう可能性があります。

たかがいびきと侮ることなかれ。ひどい場合は命にかかわる病気にもなり得る。

そのままにしていて大丈夫?

いつもはいびきをかかないのに飲酒したときだけ、またはアレルギー性鼻炎の鼻づまりにともなっていびきをかくような一時的な場合はそれほど心配ありません。単純性いびきは、その原因を取り除けばいびき症状も改善します。
ただし、毎日いびきをかく場合には注意が必要です。いびきは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的な症状のひとつです。毎日いびきをかき、寝ている間に呼吸が止まったり、苦しそうな呼吸がみられたりする場合にはこの病気を疑う必要があります。

アルコールを摂取したあとは気道が狭まりやすくなる。

いびきの解消方法

簡単なことではありますが、横向きで寝ることで、いびきが解消されることがあります。

仰向けで寝ると、舌が喉の奥に落ちやすくなるために、上気道が狭くなることでいびきをかきやすくなりますが、

横向きで寝ると、舌は左右のどちらかに片寄り上気道が確保されるので、いびきの改善につながります。

舌を支える筋肉が衰えると寝ているときに舌が喉の奥に落ち込み、気道を狭めるためいびきの原因となります。

いびきを解消するためにはまずダイエットをして脂肪を落とし、首周りの筋肉を鍛えるような運動やマッサージを行うことが重要です。

太っている人はいびきをかきやすいっていいますよね。

寝室の湿度を保つ

いびきをかくと口呼吸になります。のどが乾燥したり、ホコリが侵入したりして炎症の原因になります。炎症すると、気道が狭くなるので、さらにいびきをかきやすくなります。乾燥する季節は、寝室に加湿器をつけましょう。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る