夜玄米はNG?ダイエッターも罪悪感を感じない夜の太りにくい食事内容♡


▼お仕事終わりはお腹がペコペコ!

立ち仕事、デスクワーク、その他のどんなお仕事でも、日中頑張れば夜はお腹がペコペコになりますよね。

仕事終わったーー!!お腹すいたーー!!

仕事終わった。
めっちゃくちゃお腹すいたわ。

仕事終わったぁぁぁぁ…!!もう夜ご飯23時だけど食べる。太るけどお腹空いてるからしゃーない(º﹃º )

仕事疲れた(´・_・`) 足がぁあ。腰がぁあ。早くご飯が食べたーい☆

▼理想は8時までに食べ終わる事

夜ご飯を食べても太りにくい時間はpm8時まで!しかし、お仕事をしていたら中々8時までに済ませるのは難しいものです…

体脂肪の貯蔵に働くたんぱく質は、夜8時ごろを境に急激に増える。8時前に食事を済ませておけば、脂肪になりにくい。

夕食はできれば、午後8時までに。どんなに遅くても夜の9時までに取ることが理想です。

▼夜遅い食事が太りやすい3つの理由

①消化が終わらず脂肪となる

1番の原因は食べてすぐに寝る事。夜遅い食事は寝るまでの時間が短い傾向にあります。そうなると食べたものが消化する事が出来ません。

遅くに夕食を食べると、寝るまでの間に消化が終わらず、胃腸が夜中じゅう働き続けることになる。

3時間以上あけないと、胃に食べたものが残ったまま寝ることになって、これが太る体質になる原因になったりします。

②食事誘導性熱産生が最も減る

食事誘導性熱産生とは食る事により消費されるエネルギーの事で夜は1日の中で一番カロリーを消費しない時間なんです!

食事誘導性熱産生は、食事をするときに消費するエネルギーで、DITと呼ばれます。

一番多くこのエネルギーが消費されるのが朝。続いて昼。時間の経過とともに消費する食事誘導性熱産生(DIT)は低下し、深夜には最低になります。夜食が太りやすいのはこのせいでもあります。

③BMAL1(ビーマルワン)が最も増える

肥満遺伝子とも呼ばれているBMAL1。なんと食事誘導性熱産生は減ってしまうのに、BMAL1増えてしまうのが太ってしまう原因に…

BMAL1は、脂肪細胞内で脂肪酸やコレステロールの合成する働きを活発化し、脂肪細胞に多く溜め込もうとする働きがある。脂肪細胞内に蓄積させる働きを行っている間は、脂肪を分解する働きを抑制する作用がある。

「体内のBMAL1は、夜遅くなるほど増える。だから、遅い時刻に食べる食事は脂肪になりやすい」

▼太りにくい夜食の摂り方

うどんや白米は◎腹持ちがいい蕎麦や玄米はNG!

通常はダイエットの味方をしてくれるという茶色い系の炭水化物が、夜食にはNG!腹持ちが良いという事は消化が遅いという事なので、夜は消化が早い物にしましょう!

消化の良い食べ物】
お粥・うどん
じゃがいも・長いも
豆腐・みそ・きな粉・高野豆腐
半熟卵
白身魚
ヒレ肉・鶏ささみ
大根・キャベツ
りんご・バナナ

【消化が悪い食べ物】
玄米・コーンフレーク・そば・中華麺・オートミール
さつまいも・こんにゃく・しらたき
固ゆで卵・目玉焼き・生卵
青魚・イカ・タコ・かまぼこ
脂肪分の多い肉
ゴボウ・キノコ類
柑橘類

夜、消化の悪いものを食べると、胃のなかに残り続け、朝気持ちが悪くなったりする原因に。結局脂肪として体に蓄積されやすくなってしまいます。

白米はお粥や雑炊にすると尚更GOOD!