2週間「小麦粉断ち」すると痩せて美肌になる理由【お米はOK】


どうして「小麦粉断ち」?


Photo by Hemera Technologies / Photos.com

パンの原材料である小麦粉に水を加えてこねると、グルテンというたんぱく質が生まれる

(グルテンは)パンやうどん、パスタ、クラッカー、シリアルなどに含まれています。グルテンは食物に弾力や粘り気を出す働きがありますが、うどんにコシや膨らみがあるのも、このグルテンの作用によるもの

グルテンには麻薬のような中毒性があるので、食欲がさらに刺激されてしまう

グルテンの中に含まれる「グリアジン」という物質には食欲を促進させる働きがあり、パンやスイーツを食べだすと止まらないという現象を起こします


Photo by Jupiterimages / Photos.com

さらに、小麦に含まれるアミロペクチンAというでんぷん質は、血糖値を急上昇させ、インスリンの分泌を急激に増やします。インスリンは脂肪を蓄えるホルモンでもあるため、頻繁に放出されることで太りやすい体質になってしまう

しかも小麦製品は砂糖やマーガリン、ショートニングなどのトランス脂肪酸を使っているものが多いんです。

太るだけじゃない!グルテンアレルギーとは

この成分が人によっては肌荒れ、慢性的な無気力感、慢性疲労、下痢や便秘集中力や体力の低下、重いPMS、不妊症などのアレルギー反応を引き起こすそうなのです。アメリカではなんと20人に一人がグルテンアレルギーなんですって。

グルテンアレルギーではない人も、グルテンに含まれる成分が食欲を刺激したり、肌荒れを起こしたり、太りやすくなったりすることもあるそうです。

軽度のグルテンアレルギーなら症状が軽すぎて気づかないことのほうが多いのです。セルフチェックとして一度、グルテンフリー生活をまずは2週間続けてみて、体調の変化を見てみることをおすすめします。

「グルテンフリーダイエット」が注目されていますが、グルテンは小麦粉製品に含まれています。
グルテンフリーとはつまり「小麦粉断ち」「小麦粉抜き」のこと!
では、小麦粉断ちすると具体的にはどうなるのでしょうか?

小麦粉抜きダイエットのいいところ♪


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

他のダイエット法と違うのは、単に体重が落ちるだけでなく、肌がキレイになって、集中力がアップするという点

グルテンを抜いた食事をしていると体調がよくなったりニキビなど肌荒れも良くなったりと良い事づくしで更には体重も減ってくれとても話題になった

小麦粉断ちの結果ですが、確かに肌がきれいになりました!肌の表面の細かいツブツブみたいなのがなくなってツルッとしました。

グルテンフリー食にすれば「無理にダイエットをしなくても、自然と体重が落ちていくんです。ホルモンバランスも整いますので、リバウンドもしにくくなり、痩せやすい体質になれるんですよ

グルテンフリーの食事に変えることで、集中力が上がり一日のパフォーマンスがあがるので仕事にも良い影響が期待出来ます

まだ小麦粉断ちしてからそんなにたってないけど、悩まされてたものがピタッと止まったのに少々驚いてる

何を食べていいの?何を食べちゃダメなの?

和食の場合は比較的グルテンフリーにしやすいのです。ご飯もOK、肉も魚もOK、卵も野菜も豆腐など豆類もOK。純米酢や蕎麦粉や片栗粉、大豆粉、葛粉、日本酒、焼酎ももちろんOK。食べていいものがたくさんあります!

日々の食事をうどんからお蕎麦に替える、パンやパスタを控え洋食を和食に替える、唐揚げを焼き鳥にする、といった少しの工夫で大丈夫です。ポイントは、パーフェクトを目指してストイックになる必要はないということ。

NG…パン、パスタ、うどん、ラーメン、ピザ、お好み焼き、たこ焼き、ケーキ、クッキー、揚げ衣、点心の皮など
OK…お米、もち、いも、乳製品、豆、卵、ナッツ、肉、魚など

特にアレルギーがなければ、そんなに神経質にならずに少しずつ減らすことから始めましょう!