ココナッツオイルより効果絶大の【オメガ3】とは!?亜麻仁油などその凄い効果をまとめました。

Sponsored Links

もうココナッツオイルじゃ物足りない!更に進化したオメガ3オイルの時代へ

芸能人や海外セレブから愛され絶大な効果を発揮する「ココナッツオイル」
このココナッツオイルより、更に絶大な効果を発揮するオイルが今注目を集めております。
それが【オメガ3オイル】です!
このオメガ3オイル、調べれば調べるほど凄かったので、その効果効能をご紹介します。

2014年頃から検索ワードなどでも急上昇したココナッツオイル。

健康と美容に非常に良い事で話題となり、海外のセレブや、芸能人に取り上げられ一躍有名になったオイル商品です。
効果効能としては以下の通りです。

・冷え性改善
・脂肪を燃焼しエネルギーに変える
・ダイエット効果
・腸の働きを整える

など、他にも健康と美容に様々な改善効果を与えてくれる素晴らしいオイルなのです。
美容に敏感な方なら一度くらいは聞いた事があると思います。

ココナッツオイルはオイルの中で最も中鎖脂肪酸の含有率が高く、オイル全体の60%程度が中鎖脂肪酸で構成されています。この中鎖脂肪酸を摂取すると、肝臓で分解される際にケトン体と言う物質が合成されます。ケトン体はアルツハイマー病で糖を吸収されにくくなった脳細胞に糖の代わりに活動エネルギーを供給してくれるので、栄養不足による脳細胞の破壊を食い止めてくれるというわけです。

ココナッツオイルを使用している有名人一例

代表的な方では、まずミランダ・カーさんです。

ある意味、この人がココナッツオイルを有名にしたと言っても過言ではありません。
美容法の一つにココナッツオイルを摂り入れている事で有名です。

他にも

・アンジェリーナ・ジョリー
・ジェニファー・アニストン
・道端ジェシカ
・山田優
・辺見えみり

等々、このように沢山の美容に気を使う有名人の方から愛用され今なお注目されております。

こんな良い事づくめの「ココナッツオイル」をはるかに凌ぐオイルが今注目されているのです

オメガ3脂肪酸とは、亜麻仁油や、エゴマ、ナッツ、サバやイワシなど魚系の油から摂取できるオイルです。

中でも種系の油には、オメガ3でも代表的な「α-リノレン酸」が多く含まれており、血栓予防効果、抗アレルギー効果、アンチエイジング効果、うつ症状を軽減する効果など、体と心の両面を整える効果がある為、人体にとっては非常に有益な油なのです。

一時期、世界的にも問題になったマクドナルドのポテトなどに含まれる「トランス脂肪酸」のような有害なオイルとは真逆の、体にとって非常に有益なオイルなのです。

オメガ3の代表的な脂肪酸は「α・リノレン酸」です。
α・リノレン酸は、ヒトの体内で、青魚によく含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変換されるため、血中の悪玉コレステロールを低くし、善玉コレステロールを高める働きをします。 また、血圧を下げ、血栓の危険性を低くする、夢のような栄養素といわれています。

亜麻仁油(アマニ油)とは、亜麻という植物の種子からとれる油です。

この亜麻仁油はオメガ3オイルの中でも、最も有名でかつ効果的という事で、オメガ3=亜麻仁油というほど有名なオイルです。

別名【飲む美容液】【アンチエイジングオイル】とも呼ばれております。

【効果1】ダイエット効果

水溶性食物繊維と不要性食物繊維がどちらもバランスよく含まれている

食物繊維が豊富に含まれているので、イヤでも便通がよくなり腸内の活性を促します。
オイル効果で腸内環境が整い、ダイエットにも繋がります。

身体のコレステロール値を下げる効果

本来コレステロール値を下げるには、多くの時間と手間がかかりますのが、オメガ3を摂取する事によって、より楽に誰でも簡単にコレステロール値を下げる事が可能です。

脂肪の燃焼を促してくれる

中性脂肪の増加を抑え、余分な脂肪を分解する酵素を活性化させるので脂肪燃焼を加速させる効果あります。
非常にダイエットに効果的な成分と言えるのです。

【効果2】美肌効果

オメガ3は肌のバリアを担う細胞間脂質の材料になり、アレルギー抑制

アレルギーを抑制する効果があり、アトピーなど肌トラブルの改善にも一役買うそうです。
多くの方がこの美肌効果について「肌が綺麗になった」などブログやツイッターなどで投稿しているのを目にしますね。

ホルモンバランスを整える

女性は特に、このホルモンバランスが崩れると、様々な健康トラブルを引き起こします。
オメガ3はこのバランスを整える効果がありますので、肌トラブルの改善や予防に繋がります。

腎臓の働きをサポートし、全身の代謝をアップさせ、肌のターンオーバーを整える

【効果3】脳内を活性化し、認知症予防に効果的

「アルファリノレン酸」が多量に含まれる。これは体内に入ると、認知症予防に効果的といわれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)に変わる

オメガ3に豊富に含まれる【α-リノレン酸】は人体にとって本当に効果的という事が実証されております。
このように脳内にまで働きをかける効果はココナッツオイルをはるかに凌ぐと言われ、油性食品の中でも断トツで効能があります。

《駆け込みドクター!》や《主治医が見つかる診療所》などTV番組などでも特集が組まれ、この認知症予防について実証され、世界的にも現在非常に注目されているのです。

国からもお墨付き!厚生労働省がオメガ3の摂取を推奨しているのです。

1日の摂取目安量としては、DHAとEPAを合わせて1g以上の摂取を厚生労働省は推奨しています

国の機関でも、体内でDHAとEPA化するα-リノレン酸を推奨しているところが安心ですね。

しかし、オメガ3オイルにも弱点があります。

夢のような栄養素ではありますが、オメガ3は最も繊細で敏感な性質をもつ脂肪酸ですから、扱い方によっては激しく劣化してしまいます。

高温で加熱しない、長時間空気にさらさない、光にあてない、低温で保管する、など保管に注意して、新鮮なうちに食べきるようにしなければなりません。

オメガ3オイルは、油の中で最も酸化しやすい油なのです。
体内の色んなものを活性化させる物質が豊富に含まれているだけあって、自らの酸化スピードも活性化させて訳です。

オメガ3オイルは、まず空気に触れた瞬間から酸化が始まり、光によっても酸化する為、非常に扱いが難しいオイルなのです。
また、熱には非常に弱く、少し高熱を加えると一気に酸化し全く効果がなくなります。

よって、オメガ3オイルを効果的に新鮮な状態で摂取する方法は、酸化しにくい製品を選ぶしかありません。

酸化したオイルは、どんなに効果的なオイルでも全て有害になる。

いくらオメガ3オイルといえども、酸化してしまうと人間にとってはただの有害物質になるだけです。

一度確認した方が良いです。
瓶タイプなど、一度封を開けた油性食品は基本的に1か月以内に使い切る事が大前提です。

こうした酸化オイルは本当に体に悪いのです。

色々と調べてみた結果、生のオイルで酸化防止対策が万全なのはこのRITANプレミアムオイルだけでした。
一回ずつの使いきり分包タイプの為、空気に触れる事なく常に新鮮な状態のオイルを摂取する事が出来ます。

ちなみに、これ結構凄い事なんですが、入っている成分が亜麻仁油だけではなく、サチャインチオイルの2種類をブレンドしているようです。
ダブル配合なので通常より更にオメガ3の効果が強化されてます。

実際に使用してみましたが、即効で効果あります。
便秘解消と肌の改善を数日で実感しました。

現時点では断トツのイチオシオイルです。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る