夏までになんとかしたい・・・たぷたぷのハミ肉を撃退するにはどうする?


食事制限だけでは難しいはみ肉の解消

代表的なダイエットと言えば食事制限ですが、それだけではハミ肉の解消はうまくいかないようです。
特に背中や腰回りがはみ出やすいと言われています。

はみ肉を解消する撃退法には食事制限などのダイエットだけではなく、筋トレなどによって引き締めることも効果的です。

摂取カロリーを抑え消費カロリーを増やすことで痩せる、というのは、誰もが知るところですよね。
しかし、いくら食事制限をしても腰回りの贅肉はなかなか落ちない・・。

年齢を重ねるごとにどんどん増えるお腹周りのお肉、脇肉、背中のお肉・・・。
ダイエットを始めようと食事制限をしているがなかなか痩せる事ができない。

どうすればはみ肉はなくなる?

特に背中のお肉はブラジャーの影響が大きいです。
上手くつければバストアップにもなりますし、二重にお得!

あなた自身のぜい肉というより、ブラジャーが合っていないことが原因です。締め付けによってムニュっと肉がはみ出てしまうわけです。

バストは乳腺と脂肪です。
そのバストをしっかりホールドするのがブラジャーの役割です。
正しい着け方をしていないと、バストにある脂肪が脇や背中に流れます。
間違ったサイズ選びとともに、正しくブラを着けていないこともハミ肉の原因です。

ブラジャーを買う時は、以前買った時のサイズで選ぶのではなく、必ずフィッティングをしてサイズがぴったりと合うものを買うようにしましょう。

姿勢を正せば筋力のアップやバランスの調整など様々な効果があります。

背中が丸くなっている人や頭が前向きに下がっている人など、姿勢が悪いと脇のハミ肉がつきやすく、上半身の脂肪のバランスが悪くなります。
姿勢の悪い人は、運動不足のために筋力が低下しているので、正しい姿勢が保てないこともあります。
脂肪がつきやすくなるので、脇のハミ肉が蓄積してしまうのかも。

現代はパソコンやスマホの普及により前傾姿勢をとることが多くなり、それによって猫背の方が増えています。
猫背は、背中が丸まってお腹に力が入っていない状態です。
そのため、腰回りの筋肉が常に弛んだ状態になるため、贅肉がつきやすいと言われています。

姿勢の悪い人は、運動不足のために筋力が低下しているので、正しい姿勢が保てないこともあります。
脂肪がつきやすくなるので、脇のハミ肉が蓄積してしまうのかも。

特に初期段階で脂肪を燃焼させて身体を引き締めることを意識しましょう。

気になるはみ肉はダイエットして脂肪を燃焼させるか、または筋トレなどで引き締めをする方法などがベターです。はみ肉がまだ少ないうちであれば、筋トレをすれば効果は比較的早く出てきます。

背中の肉を鍛える方法として、大きく分けて「スポーツ」と「筋トレ」、そして「エクササイズ」の3つがあります。

ハミ肉をなくすには背中の筋トレが効果的…
肩甲骨まわりを動かして柔らかくしていくことがおすすめです。

はみ出てしまうのであれば、脂肪吸引などで減らしてしまえば出てきません!

背中は加齢や猫背によって気づかないうちに脂肪がついてしまいがちな、脂肪がつきやすく落としにくい部位だと言われています。また、金肉の線維質が多くて一度脂肪がついてしまうと、運動やダイエットでは落としにくいのです。時間をかけず効率的に脂肪を落とすには脂肪吸引がおすすめですよ。

体についた脂肪細胞の数を吸引によって減らすことで、サイズダウンと太りにくいボディを作る、という方法です。 気になる部分の目立たない箇所に、3〜4mm程の穴を開け、細いパイプ(カニューレ)を入れて、余分な皮下脂肪を吸引器でしっかりと吸引します。
「おなか」「太もも」「ヒップ」だけでなく、「ホホ・アゴ」「腕」「ふくらはぎ」など、全身の脂肪細胞の吸引が可能です。

ダイエットをしても皮下脂肪はなかなか落ちません。 ましてや、部分やせなどは医学的には不可能だと思われます。ですから、希望する部位の脂肪を落とすには脂肪吸引がベストだと思われます。

<続きはこちら>