免疫力もUP?!ペットを飼うとたくさんの良い効果が得られる♪


みなさんには、大好きなペットがいますか?

仕事や学校が終わって家に帰ると、
優しく出迎えてくれるペットの存在。

ペットを飼うことで、
どのような効果が得られるのでしょうか?

■ストレスを緩和してくれる

可愛いだけじゃなく、
ストレスまで緩和してくれるんです。

実は動物と触れ合っているとき、人間の脳内には「オキシトシン」という物質が分泌されています。愛情ホルモンや幸福ホルモンと呼ばれることの多いオキシトシンは、脳の疲労感を軽減させて、精神を安定させる効果があります。

テキサス大学公衆衛生大学院のブレア・ジャスティス教授らの研究によれば犬と遊ぶなどの行動はセロトニンとドーパミンのレベルをあげ、気分をよくしてくれるとのこと。

子供やペットを抱きしめることでストレスを緩和し、肌トラブル改善にも効果があるようです。1日1回抱きしめてみては?

■精神や心の安定に繋がる

嫌なことがあったり
不安なことがあったりしたら、
ペットと触れ合ってみましょう。

ペットによる癒し効果は、人の精神や心を安定させてくれます。動物はその場の空気を和ませ雰囲気をなごやかにしてくれるので、内向的な方でもペットを介して飼い主同士の交流が持てるなど、社交的にもなれるのです。

精神的な問題に関しては大きなトラウマを抱えている場合も、ペットで癒されることで楽になるようです。そして、リラックス効果によって血圧や心拍数が穏やかになり、それらに関する病気を防ぐことができます。

■一緒に遊ぶことで運動不足を解消

楽しくて健康的!
まさに理想ですね^^

犬を飼っていれば、毎日の散歩が必要です。その散歩をすることで、自分もウォーキングと同様の運動をすることができ、運動不足の解消効果もつながります。

大切な家族であるワンちゃんと一緒に行うことなので、飼い主にも責任感が芽生えます。ジムに行くのがつい面倒で…とだんだん通えなくなって三日坊主になってしまった方でも、ワンちゃんと一緒の毎日の散歩なら、続けることができるかもしれませんね。

犬の散歩したい!!
運動したい!!笑

優のペット猫3匹……

■人間関係が良好になる

散歩途中での飼い主さん同士の会話だったり、
SNS上での出会いだったり。

ペットたちは、
何気ない日常に良い変化をもたらしてくれます。

ペットがいることで、夫婦の会話が増えたなんてこともありますし、喧嘩してもペットの癒しの効果ですぐに仲直りできるなんてことはよく言われていることです。

ペットを飼うことで近所の人と話す機会が増え、孤独感やうつ病から遠ざけてくれます。

最近、自分が飼っているペットの写真や動画をTwitterやfacebookといったSNSにアップする人が増えています。

実際、私も猫を飼っていますが、その写真を見てTwitterなどで話しかける人も増えました。そういう人とはペットの話や動物の話が多いので、いざこざも起こらず楽しくSNSをしています。

めちゃくちゃ仲間思いで優しくてムードメーカーで、惚れたら一途だし喧嘩っ早いけど犯罪になるようなことは絶対しないし、ペットの猫が大すきで家族仲もよい。勉強も本気出したら出来るし運もいい。あれ、だいぶ高スペックだな???

■免疫力がアップする

免疫力だけでなく、
アレルギー耐性もできるそうです!

猫が喉を鳴らすのを聞いたことがありますか?あの<ゴロゴロ>という音には、人間のストレスを軽減させてくれる作用があります。
また、ペットを飼うことで動物の持つアレルゲンの影響で免疫力がアップするだけではなく、アレルギー耐性ができ、様々なアレルギーに強くなります。

ペットのいる家庭の子ども(5~7歳)は、そうでない家庭の子どもに比べ、学校への出席率が高く、1年で3週間も多く出席している(つまりぺットのいない家庭の子どもはそれだけ学校を休んでいる、ということを意味します)、という報告もアメリカであるほどです。

@PPPdafico 赤ちゃん動物園に連れていくと免疫力上がるっていうよね。

<続きはこちら>