ダイエットは準備が大切!! 成功に必要な痩せる為の脳の作り方

Sponsored Links


ダイエットには準備が必要だった!!

ダイエットにチャレンジしても、思うように痩せれなかったり、痩せてもリバウンドしてしまった方も多いのではないでしょうか?
そういった失敗の原因は脳にあるかもしれません。

食習慣や意思の強さ、基礎代謝の高さでしょうか?もちろんそれもあるかもしれませんが・・・。根本的な問題は「脳」のクセにあるのかもしれません。

毎日カロリーを気にしたり、甘いものを控えたりしているのに、ちっともやせないという人はいませんか。じつは、どうしてもやせられないのは【太る脳】が原因だということが、最新の研究でわかってきました。

太る原因は脳にある!?

太る原因のすべてが脳にあるというわけではありませんが、脳もいくつか関係しています。
特に食欲をつかさどる神経は脳と密接な関係にあるのです。

ダイエットに効果的な食べ物を探し出すことに楽しみを見いだせるようになることが、ダイエット脳を作る第一歩です。

無意識のうちに食べる事で、そのストレス解消をしようとする人がいます。それを続けて習慣化すると、その結果、食欲をコントロールできなくなります。それが1つ目の『太る脳』の正体なのです。

食べる事でストレスを解消する

普段お腹がすいた、お腹がいっぱいなど空腹や満腹は「お腹」が決めている様に感じます。でも実は食欲をコントロールしているのは脳なのです。

『お腹が空いた』を決めるのは脳

『痩せる脳』の作り方をご紹介

『痩せる脳』を作るにはセロトニンを増やすことがポイント。幸福ホルモンと言われているセロトニンの分泌が増えれば、辛いダイエットも苦に感じなくなるかもしれません。

ランニングやウォーキングなどの適度な運動は脳を刺激し、セロトニンの分泌を促します。

軽くウォーキングを行うことでセロトニンを分泌させるきっかけとなるベータエンドルフィンを作ります。毎日1時間の有酸素運動をすると決めると、始めるのが億劫ですが時々15分程度の散歩をすると決めればハードルはぐんと下がります。

オススメは、15分程度の軽いウォーキング

脳が満腹だと感じてしまう食べ物を食べることがポイントです。咀嚼の回数が多い食べ物は比較的に満腹中枢の刺激になります。

固いものを食べて咀嚼回数が増えると満腹中枢が働いて、少ない量でも満足することが可能です。

例えばキシリトールが配合されたガムを噛むことで、甘さの割にカロリーをダウンさせるだけでなく虫歯の予防にもなります。さらに、食べ物をよく噛むことで唾液の分泌を促し、消化を助けて胃腸に与える負担を軽減させることができます。

ガムをかむ習慣

没頭できる趣味、日光を浴びるなど、体と心をリラックスできる環境づくりが大切です。

セロトニンは睡眠中には分泌されないので、日光を浴びることで身体を覚醒させ、セロトニンの分泌をさせるのです。

インドアな趣味であっても没頭できる楽しみを持つことが大切です。手持ちぶさたでつい間食をしてしまう、ということを防ぐことができます。

食べることは忘れられる!

いかがでしたか?

日常のちょっとしたことが、『痩せる脳』につながります。ダイエットを考えている方は、そういったことから始めてはいかがでしょうか。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る