“手ぬぐい”1つあればいい!?あなたの体の不調を癒す手ぬぐい体操とは?

Sponsored Links

▼日本古来から存在し、様々な用途に使われてきた“手ぬぐい”

手拭(てぬぐい)は、汗や顔や手を洗った後の水を拭ったり、入浴時に体を洗ったりするための木綿の平織りの布である。その他、寒暑除けや塵除けなどの目的や、祭礼においての装身具として頭にかぶるものである。

江戸時代には、巾着などと同様に常に持ち歩いた必需品でもあり、おしゃれや粋や気風を演出するために、肩に掛けたり現在のマフラーのような用法で首に巻いたりして、個性をあらわす小間物としての装飾具でもあった。

拭いたり体を洗うだけでなく、おしゃれアイテムだったんですね!

▼その“手ぬぐい”を用いた体操が話題に!

@hachifuku88 お客さんに肩こりの相談してたら「手ぬぐい体操」教えてもらいました。にじゆらの手ぬぐいかわいいね。

▼テラノ式手ぬぐい体操

こちらの動画は、テラノ式手ぬぐい体操をアレンジしたものだそうです。

日本に古来から様々な用途に使われてきた“手ぬぐいを”使ったボディワーク(体操)です。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

手ぬぐいを使った様々なストレッチや動きを通して、普段、知らず知らずのうちに緊張させてしまっている部位の“力の抜き方”を発見していきます。

大切なのは“トレーニング”とか”鍛える”という考え方ではないということです。

普段は忘れてしまっている自分の身体に意識を向けてみる、そして、自分の身体がどうなっているかよく知ること。

▼テレビで紹介「タオルを使ったカンタンストレッチ」

体が硬いからストレッチなんてできないという方のために、
主治医が見つかる診療所ではタオルを使ったカンタンストレッチが紹介されました!

1)手ぬぐいの両はしを持ちます。
2)息を吐きながら体をねじります。
3)最初は小さく、徐々に大きく回していくのがポイントです。
※1日3回(4〜6往復)行うことで肩こりの改善などが期待できるということ。

たったこれだけの動作ですが、日常生活に「体をねじる」動きがほとんどないため、効果的だそうです。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る