えっ簡単!!ダイエット成功の為に実は最も重要だった!!ダイエットで痩せる思考法

Sponsored Links


ダイエットというと、 「きつい」「辛い」「我慢」 というイメージを持っていないでしょうか?

聞こえる…聞こえる…体重に悩む人々の叫びが…ダイエットに苦しむ人々の嘆きが…

ダイエットは毎日の積み重ね。
こんな言葉は何度も聞きます。
ストレスが溜まってしまいます。
ストレスに感じるものほど辛いものはありません。
毎日じゃなくていいんです。
ストレスを感じず痩せる方法は必ずあります。

痩せたい!痩せたい!痩せたい!と強く、願うことがダイエットにおいて、一番大切なこと。強く願えば願うほど、ダイエットをすることが辛いとは思わなくなるし、余計なものを食べてしまうこともなくなる。けど、どこかに「少しぐらいいいや」と思ってしまう自分がいる。だって、人間だから。

しかし、このイメージがあなたのダイエットを 失敗に導いているんです...

考え方1つでダイエットがダイエットではなくなるんです。

実はダイエットに成功する方法は結構簡単です! 今の考え方を変えるだけでダイエットはうまくいく場合があります。

▼ダイエットが苦しくなる理由

極端で急激なダイエット

極端で急激なダイエットは一気に体重を落とすことが出来ます。しかしリバウンドする可能性が非常に高いダイエット方法です。
急激な減量をすると、私達の体はホメオスタシス機能(もとに戻る機能)によって、「痩せてはいけない」と抵抗して痩せにくくします。それでも痩せたいと思いダイエットを続けますが、挫折してしまいます。

「私はダイエットを頑張っているんだ」と思うと充実感は満載ですが、この状態は強いストレスを感じています。
極端に頑張っていたり、一気に痩せようとしてダイエットに励むと、ちょっとしたアクシデントがあると挫折しやすくなります。頑張らなくても出来るダイエットを、心と体に余裕を持ちながら実行します。

▼思考(考え方)を変えよう!

いつもネガティブに自分を見ていませんか?

「ずっと頑張ってダイエットをしているのに全然痩せない・・・」 「いろんなダイエット法を取り入れているのに痩せない・・・」 こんな悩みを抱きながらダイエットに取り組んでいませんか?

ダイエットが苦しくなる理由は、運動や食事制限といった行動だけにあるのではありません。私たちの思考や思い込みによって、苦しいものにさせているという側面もあります。

負のスパイラルの考え方にハマってしまうと、「痩せていない」「キレイじゃない」「スリムじゃない」と、「私は欠けている」といった「欠乏感」を生み出します。

負のスパイラルにハマってしまうと、ダイエットに関係のない仕事や生活においても「質」を下げてしまう可能性があります。

ポジティブな思考に!

食べ過ぎや運動不足の自分を責めることはせず、その上で「ダイエットを続けよう」「これからもキレイになろう」という強い意志を持つことが、成功するための秘訣になります

「ダイエット」

という言葉を捨てて、

「ずっと美しいカラダ」とか、

「一生涯健康!」とか、

「オシャレなアラサーボディー」などの、

ポジティブで長期的な目標を持てる言葉を

頭に叩き込んでください!

ちょっとでもできたこと、うれしかったこと、前進したことの「プチハッピー」を見つけて、自分をほめてあげましょう。

例えば……
「よくかんで食べるのを、最初の5分だけ意識した」
「姿勢がキレイだねって、友達にほめられた」

このように、ちょっとでもできたこと、うれしかったことを見つけ、小さな自己肯定を重ねていきます。
すると、自分のいいところを見つけるのがだんだん上手になっていくのです。
「私は前進しているんだ!」という高揚感が出てくると、
「今日2つできたなら、明日は3つできる」「次は4つできる」
と前向きな気持ちになり、積極的に行動するようになります。

考え方を次のように変えて、声に出したり、紙に書き出したりしてみましょう。

「食べちゃったけど、明日はきっとガマンできる!」
「私なら、食べ過ぎない自分になれる!」

こんなふうに、とにかく肯定的な言葉を発してみます。

すると脳は、「私にはできない」「やせない」というネガティブな思考パターンから、「私はできる!」「やせる!」とポジティブな思考パターンに、だんだん書き換えられていくのです。

「今からよりキレイになる」という言葉には、「今の私はキレイ」という前提の言葉が秘められています。

「より~なる」という言葉は、もうすでに「ある」状態(充足感)を作り出し、さらに満たしていく言葉です。

ポジティブな思考によって自信や満足感が満ち溢れると、ダイエットに対して前向きに考えることができ、自分自身のカラダに対する見方や捉え方が変わります。

「太っている」からより「キレイにやせる」へ

太っているから、どうやって痩せよう?」と考えるよりも、「よりキレイにするためにはどうすればいいだろう?」と考えましょう。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る