今から食べておきたい、夏のシミを防ぐ食べ物とは


食べ物の中に含まれる成分で、シミを予防する機能があるものがあります。その成分とは、ビタミンCです。

グレープフルーツ・オレンジ・ライムなどの柑橘類に多く含まれ、ほかにはアセロラ・トマト・パセリ・ブロッコリー・レモン・ピーマン・柿・イチゴなどがあげられます。

良質のたんぱく質

ビタミンCと良質のたんぱく質の両方がバランスよく摂取できる食品は
卵、ささみ、牛乳、レバーなどです。

ビタミンE

カボチャ、アボカド、キウイ、鰻、たらこ、アジ、アーモンド、ピーナッツ植物油、ゴマなど。

Βカロチン

βカロチンはニンジンや、ほうれん草、パプリカなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

クエン酸・アミノ酸

クエン酸の含まれる食品は、梅干やもろみ酢です。

それから意外なことにアスタキサンチンもシミの予防になるんですよ。アスタキサンチンとは鮭やイクラ、カニやエビなどに含まれる赤い色素のことです。

ビタミンEよりも500~1000倍の抗酸化力を持っています。

シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えます。また皮膚の再生を助けるので、できてしまったシミや日焼けにも効果があります。ニキビなどの吹き出物も除去します。

大豆、はちみつ、小麦胚芽、魚、鶏肉、ブロッコリー、芽キャベツ、ニンニク、赤唐辛子、栗、柿

うなぎ

メラニンの排出を助け新陳代謝を促すビタミンEや、不足するとシミをつくる原因となるコラーゲンを多く含んでいる。アナゴで代用してもOK。

コーヒー

「一日に150mg(コーヒー約2杯分)以上のコーヒーポリフェノールを摂取している人は、特にシミが少なかった」という臨床結果が明らかになっています。

トマト

トマトに含まれている“リコピン”は活性酸素を除去する効果があり、メラニンの生成に必要な酵素“チロシナーゼ”の働きを抑えてくれます。

リンク

まとめ

ニュース