1袋100円前後!!安価で美味しく美容効果満点な豆苗ってすごいやつ☆気になる五大美容効果とは??

Sponsored Links

豆苗って??

豆苗(とうみょう、ドウミャオ)はエンドウの若菜。元々は大きく成長したエンドウの若い葉と茎を摘んだもので、中華料理の高級食材だったが、最近は主に豆から発芽させた幼い状態のエンドウが根付き、またはカットされて販売されている

確かにほんのりとエンドウ豆の香りが…!
しゃきしゃきした食感は例えるなら太めの貝割れ大根のようです。

気になる美容効果は??

大きく分けると5つ!
ご紹介していきます☆

1.アンチエイジング効果

老化の原因といわれる「活性酸素」は、細胞や組織を
酸化させ、体の機能を衰えさせるとされています。
紫外線などによって生まれる活性酸素を消すためには、
「抗酸化作用」のある栄養素を摂ることが有効です。
豆苗には紫外線のダメージを防ぐビタミンC、ビタミン
E、体内でビタミンAに変換されるβカロテンなどの“抗
酸化ビタミン”が豊富に含まれています。
抗酸化ビタミンは、多くの種類を摂取することで、
それぞれのはたらきが組み合わさり相乗効果を発揮します。
何種もの抗酸化ビタミンを含む豆苗は、
まさにアンチエイジング野菜といえます。

アンチエイジングには抗酸化作用が深く関係しているのは広く知られていますよね!
何種もの抗酸化作用を含む野菜はそうそうないのでは…!

2.ターンオーバー

βカロテンは、体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の新陳代謝を促します。
また、ビタミンAには、うるおいを保つ効果もあることから、乾燥が気になる季節のゴワゴワ、カサカサ対策に豆苗はおすすめです。

出典豆苗の美容効果|豆々研究室 – 豆苗研究会

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

まさにこれからの時期にぴったり♡

3.ハリとツヤ

豆苗はコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCが豊富。
コラーゲンは、血管、骨や筋肉などを強くし、肌のハリやツヤを保ちます。
また、ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、しみやそばかすを防ぎます。

柑橘類に多く含まれているイメージのビタミンC。
豆苗にも豊富に含まれているのですね…!

4.顔色のトーンアップ

ビタミンEには老化の原因となる脂質から体を守る抗
酸化作用以外に、末梢血管を広げ、血行を促進する効
果があります。
顔色を明るくし、冷えの悩みを内側から解消します。

ファンデーションやお粉ではなかなか実現できないトーンアップ。
肌色までトーンアップしてくれるなんて驚きです。

5.デトックス

食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維がありますが、
豆苗には不溶性食物繊維が多く含まれています。
不溶性食物繊維は、水分を保ちながら便のかさを増やして排便を促し、
内側からスッキリ、美しいスタイルづくりをサポートします!

食生活の乱れから便秘に悩む女性も多いのでは??
必要な栄養素はしっかり摂取し、排便を促してくれるなんて願ったりかなったりですね♡

以上、豆苗の五大美容効果でした♡

炒めても茹でても生でも食べれる豆苗で美味しく綺麗になっちゃいましょう♡

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る